주요 기사 바로가기

「青瓦台の意志なくても西海交戦起きる可能性ある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.26 10:03
0
軍事専門誌「ディフェンス21」のキム・ジョンデ編集長が、30日刊行予定の新刊『西海戦争』で、「青瓦台(チョンワデ、大統領府)の意志とは関係なく現場の判断で西海(ソヘ、黄海)交戦がいつでも発生する可能性がある」と主張した。

彼は「西海で発生した5回の南北交戦は予防・抑制できたが合同参謀本部と隷下部隊の対立、国防部と青瓦台の混線により現場の血として帰ってきた」としてこのように言及した。

キム編集長は将官、将校、専門家35人の証言を通じ、1999年の延坪(ヨンピョン)海戦から2010年の延坪島砲撃まで5回の西海戦闘を再構成し、合同参謀本部の誤った指示、陸海空軍の戦略と文化の違いなどを指摘した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP