주요 기사 바로가기

閉じられた財布…実質消費、4期連続で前年比減少=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.24 13:12
0
不況が続く中、消費者が財布を開かない。1世帯当たりの実質消費支出増加率は前年同期比で4期連続のマイナスとなった。

統計庁が23日発表した「4-6月期の家計動向」によると、2人以上の世帯の1世帯当たりの月平均所得は404万1000ウォン(約36万円)と、前年同期比で2.5%増えた。これは1-3月期(1.7%)より高いが、昨年10-12月期(5.4%)より低い。消費者物価の上昇を考慮した実質所得を基準にすると、4-6月期の所得増加率は1.3%増となる。勤労所得は3.4%増であるのに対し、事業所得は1.1%増にとどまった。低金利のため利子所得が含まれる財産所得は4.1%減となった。

一方、消費支出はやや増えたが、これは年金と社会保険のような分野の支出が大きく増えたからだ。4-6月期の1世帯当たりの月平均消費支出は240万3000ウォンと、前年同期比0.7%増えた。今年1-3月期のマイナス(-1%)からプラスに転じたが、昨年10-12月期(1.4%)に比べると低い。

実質消費基準で見ると状況は厳しい。昨年7-9月期(-0.7%)にマイナスに転じて以来、最近まで一度もプラスになっていない。今年4-6月期も-0.4%と、4期連続で実質消費支出が減っている。

4-6月期の消費支出を項目別に見ると、家庭用品・家事サービス支出が9.1%で最も多く増加した。住居・水道・光熱費が6.5%増、キャンプやスポーツ関連の支出増加で娯楽・文化支出も3.2%増えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP