주요 기사 바로가기

チャイナパワー…世界プレミアムブランドが中国向け自動車開発(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.22 17:05
0
アウディA3にトランクが付いた。1997年に登場して以来16年間、ハッチバックの外観を守ってきたドイツプレミアム準中型車にトランクが付いた「A3セダン」が追加された。

ハッチバック天国の欧州自動車業界を代表するアウディがなぜ準中型セダンを出したのか。先月会ったアウディのアクセル・ストロットベック最高財務責任者(CFO)は「中国人は3段型乗用車を好むため」と一言で整理した。

世界1位の自動車市場に浮上した中国が世界自動車業界の新車開発過程にも影響力を及ぼしている。世界有数のブランドが設計段階から中国人の好みを反映した新車を次々と出す一方、中国向け特化車が逆にグローバルモデルの基準になる例も増えている。尾が犬を振るという意味の自動車版「ワグ・ザ・ドッグ(Wag the dog)」現象だ。

理由は明白だ。中国が最も“お金になる”市場だからだ。中国自動車市場は昨年も1930万台の販売台数で世界1位を守った。しかしまだ人口1000人当たりの自動車保有台数は69.4台にすぎない。795台の米国の10分の1レベルだ。それだけ追加成長の余地が大きい。

中国自動車市場には特徴がある。販売台数が多いが、自動車所有者はまだ富裕層に属する。したがって中国の自動車所有者の中には、運転手を付けて自分は後ろ座席に座るケースが多い。このため、後部座席が広い3段型車両の需要が多い。各国の自動車ブランドが早くから中国向け特化車を製造して販売しているのもこのためだ。

代表的な例が中国市場特有のロングホイールベース(LWB)モデルだ。普通、車名の後に「L」の字がつくLWB車は自動車の前輪軸と後輪軸の距離、すなわち軸間距離(ホイールベース)を長くして後部座席を広くした車だ。無理に延ばして作られた車であるだけに完成度は落ちる。しかしメルセデスベンツ・BMW・アウディなどのプレミアムブランドも、中国市場ではプライドを捨ててLWB車を販売している。さらにBMW3シリーズのような比較的小さい車もLWBモデルを販売している。

こうした状況を西欧の報道機関は嘲笑する雰囲気だった。しかしいつからかその嘲笑の程度が弱まった。中国型の“長い車”が世界市場の基本型になるケースが少しずつ増えているからだ。代表的なのがベンツの最高級モデルのSクラス。SクラスはもともとグローバルLWBモデルが存在していたが、あくまでも基本型の派生モデルだった。しかし今年登場した新型Sクラスでは主客が転倒した。LWBモデルを基本型とし、長さを縮めた方を派生モデルとしたのだ。もちろんこのモデルの最大市場である中国のためだ。

米国の自動車専門誌「オートモーティブニュース」によると、2010-2012年に世界で販売されたSクラスの半分(49%)は中国人が購入した。マッサージ椅子、アームレスト熱線などが付いた後部座席を見ると、新型Sクラスが目を向けているところは明白だ。さらにシートを後ろに倒したまま事故が発生しても負傷を軽減できるよう安全ベルトにもエアバッグを付けた。
チャイナパワー…世界プレミアムブランドが中国向け自動車開発(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チャイナパワー…世界プレミアムブランドが中国向け自動車開発(1)

    2013.08.22 17:05
    뉴스 메뉴 보기
    アウディの代表的なハッチバックモデルA3。アウディは中国市場向けにセダンモデルを追加した。A3セダンはハッチバックモデルより全長219ミリ長い。
    TOP