주요 기사 바로가기

森で動物つかまえていたマサイ族、韓国で博士になった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.21 11:49
0
20日、釜山市影島区(プサンシ・ヨンドグ)の高神(コシン)大学で教育学の博士学位をもらったベンソン・カマリさん(30)。長くスマートな体で空高く飛び大股で走る「ジャンピング・ダンス(jumping dance)」を踊るあのマサイ族だ。

彼は東アフリカ、ケニアの首都ナイロビから西方に300キロほど下ったキタレ地域にあるエルゴンのマサイ族として生まれた。中学校に通うまで裸足で生活していた。村の友人らと森で野生動物をつかまえるほど勇敢だった。先祖がライオンと1対1で対決して勝ったという話を聞いて育った。家は貧しかった。未亡人の母のもとで農作業を手伝い、畑で刈り取ったトウモロコシを市場で売ってやっと生計を立てていた。ベンソンさんが勉強ができると、祖父は牛を育て牛乳を売って学費の足しにしたという。村近隣の小学校を経て中学校を首席で卒業した彼は、高等学校に奨学生で入学する。高等学校を終えてナイロビにあるデイスタ大学コミュニケーション学科に進学した。この村から高等学校と大学に進学した第1号であった。

大学3年の時、彼はデイスタ大と姉妹関係を結んでいた高神大学に交換学生として1年間留学した。交換留学を終えた後、母校に戻って2008年2月の卒業式で最高の学生に選ばれ各の種賞を受けた。

当時、卒業式に参加したキム・ソンス高神大総長はベンソンさんに高神大に留学にくることを勧めた。高神大側は奨学金を与えて寮を提供した。ベンソンさんは2008年3月に高神大大学院で教育学科修士課程を受け、今回博士学位を受けた。博士学位論文の題名は「ケニアと韓国で文化を形成する媒介体の比較研究」だ。彼は次の学期から高神大教育学科教授として任用される予定だ。

--マサイ族出身だと周辺から変に思われなかったか。

「韓国ではマサイ族は裸足で、歩き方が特別だと思っていたようだ。マサイ族伝統の踊りであるジャンピング・ダンスをしてみろという人が多かった。しかしマサイ族もすでに文明の恩恵を受けて履物を履いている。一部のマサイ族だけがまだ森の中で原始人のように生きている。私が勇猛だと思ったのか、無視したり戦いを挑むような人はいなかった」。

--博士学位を受けた所感は。

「今まで多くの韓国人から助けてもらった。その助けが無駄にならないよう私もこれから、さらに大変な人々のために奉仕したい」。

--韓国で7年を過ごした所感は。

「韓国は全てのものが豊かだ。韓国も大変だった時期にほかの国から助けを受けたようにアフリカにとっても多くの助けになることを願う」。

彼は韓国内のケニアコミュニティのための新聞「Jambo-Kenya Kora」をシーズンごとに発行している。高神大外国人留学生の集い(KUFSA)の初の会長として外国人留学生の困難を解決するため先頭に立つこともした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    森で動物つかまえていたマサイ族、韓国で博士になった

    2013.08.21 11:49
    뉴스 메뉴 보기
    20日、釜山(プサン)の高神(コシン)大学で博士学位をもらったケニアのマサイ族出身ベンソン・カマリさんが故郷から来た母親を背負って卒業の喜びを分かち合った。
    TOP