주요 기사 바로가기

韓国の夏の出版市場、村上春樹氏の新作が7週連続1位

ⓒ 中央日報日本語版2013.08.21 10:05
0
韓国の出版市場で村上春樹氏の新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(以下、色彩を持たない)の熱風が続く中、チョ・ジョンレ氏の『ジャングル万里』が僅かな差で追撃している。

韓国出版人会議がオン・オフライン書店8店の販売量で集計するベストセラー順位で、『色彩を持たない』は7週目1位を維持しているが、現在オンライン書店イエス24とインターパークでは『ジャングル万里』が1位だ。

教保(キョボ)文庫では『色彩を持たない』が依然として1位だが、2位の『ジャングル万里』との販売量差が大きくない状況なので、全体順位がひっくり返る可能性もあるとの見方も出てきている。『ジャングル万里』の善戦は30代以上の読者らの購買に力づけられた。教保文庫の販売量分析結果によれば『ジャングル万里』の場合、40代読者が32.8%と最も多く30代27.6%、50代18.6%の順だ。『色彩を持たない』の読者年齢層は比較的低く30代が41.8%、20代が26.4%で、70%近い読者が20~30代で占められている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP