주요 기사 바로가기

<ゴルフ>パットミス、マナー欠如…2度も負けたミシェル・ウィー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.20 10:55
0
大きな体から力強くボールを放つキャロライン・ヘッドウェル(24、スウェーデン)。全盛期のローラ・デーヴィスに似たヘッドウェルは米国と欧州の女子ゴルフ大陸対抗戦、ソルハイムカップの最初の4マッチにすべて出場し、全勝した。

19日(日本時間)の最終日のシングルマッチでも勝てば、史上初の大会5勝をマークする状況だった。ヘッドウェルの対戦相手はミシェル・ウィー(24、2月に韓国国籍放棄)。勢いに乗ったヘッドウェルを相手にミシェル・ウィーは健闘した。しかし18番でバーディーパットを外すと、ミシェル・ウィーはグリーンにひざまずいた。ヘッドウェルは1メートルのバーディーパットを軽く沈めると、グリーンの上で大喜びして叫んだ。欧州の14点目のポイントで、欧州チームの優勝を決める点数だった。

19日に米コロラド州パーカーのコロラドGCで行われたソルハイムカップ最終日のシングルマッチで、欧州は5勝2敗5分けで勝ち点7.5点を加え、18-10で勝った。ソルハイムカップ史上最大の圧勝であり、欧州が米国で開かれたソルハイムカップで初めて勝った瞬間だった。ヘッドウェルは欧州チームの先鋒だった。今大会で唯一5マッチ全勝をマークした。

ミシェル・ウィーは今大会で2度泣いた。成績不振のため自力でなくワイルドカードで選ばれたが、選抜の通知を受けるともうれしくて涙を流したという。ミシェル・ウィーの選抜が正しいのかという指摘の中でも善戦した。2勝2敗と、米国チームの中でも役割を果たした。しかし敗戦を決定づける点数を与えて涙を流した。

マナーも指摘された。前日行われたフォアボール競技でヘッドウェルのパットを待たずに次のホールに移った。これについて謝罪しなければならなかった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP