주요 기사 바로가기

睡眠障害患者が4年で1.6倍に増加=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.19 11:00
0
勤続6年目の会社員のキムさん(32)は毎晩「睡眠との戦争」を繰り広げる。午後11時ごろにベッドに入るが3~4時間何度も寝返りを打って寝つく。このような症状が現れて1年が過ぎた。寝床で横になり頭の中でヒツジを数えたり、ベッドの位置を変えてみることもした。だが、不眠症の症状は消えなかった。キムさんは「昇進試験に落ちてから眠れなくなり始めた。睡眠不足で職場でも能率が落ちるようだ」と話した。

人間は一生の3分の1を寝る。起きてから動く力を熟睡で備蓄する。だが、いつからか現代人は熟睡に対する飢えを感じている。健康保険公団が18日に明らかにしたところによると、毎年睡眠障害で病院を訪れる患者が増加している。2008年に22万7907人だったが昨年は31万4169人に増加した。4年で1.57倍に増えたのだ。

睡眠障害のうち最も代表的なものが不眠症だ。昨年の睡眠障害患者の66.7%(23万7931人)を占めた。夜に容易に寝つけなかったり、寝ついてもすぐ目が覚める症状だ。寝ている間に10秒以上呼吸をしない睡眠時無呼吸症や自分でも分からない間に突然睡眠に落ちる嗜眠症、どれだけ寝ても疲れる過多睡眠も睡眠障害に当たる。

睡眠障害の主な原因のひとつは精神的ストレスだ。2008年に米ミシガン大学の研究チームが発表した研究結果によると、米国の会社員2300人余りのつい半分ほどに睡眠障害があった。このうち職場の上司や同僚との持続的な不和を原因に選んだ人は、長い勤務時間など別の理由を挙げた人の1.7倍に上った。不眠症が家族力と関連するという研究結果(2007年12月米国睡眠医学会発行ジャーナルSLEEP)もある。肥満人口の増加と悪い睡眠習慣なども原因に選ばれる。睡眠障害はストレスを解消し適当な運動をすれば予防することができる。昼寝や過度な飲酒、喫煙は避けなければならない。

不眠症があるからと無条件で病院で治療を受けなければならないのではない。昼間も頭が痛かったり日常生活に深刻な支障がある場合には治療を受けなければならない。一山(イルサン)病院のシン・スジョン教授は「急激なストレスによる短期的不眠症は睡眠剤を利用した薬品治療が可能だが、慢性の場合には生活習慣改善や心理治療を勧めている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    睡眠障害患者が4年で1.6倍に増加=韓国

    2013.08.19 11:00
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の会社員の間で睡眠障害患者が増えている。
    TOP