주요 기사 바로가기

「コリア・ディスカウント」払拭する魅力的な韓国イメージつくろう(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.13 13:12
0
韓国政府の初代「公共外交」大使のマ・ヨンサム大使(57)に会った8日、ソウル光化門(クァンファムン)の外交部庁舎は蒸し暑かった。扇風機が何台か回っていたが無力だった。先月17日、公共外交協力センターをオープンして「ノdoナdo(注:私も君も)公共外交、世界の人の心をとらえよう」という新しいブランドを披露したマ大使は「誰でも参加できるという意味で『君も私も』と、実践的意味の英語単語doを組み合わせた」と言って、汗をぬぐいながら一生懸命インタビューに応じた。

公共外交という言葉が一般国民には聞きなれないと言うと、マ大使は「政府間の疎通や交渉過程をいう伝統的な意味の外交と対比される概念」としながら「文化・芸術・スポーツを媒介に、他国の大衆を直接相手にするという、すなわちパブリック(public)を対象にするという意味での公共外交(public diplomacy)」と説明した。

公共外交の強化は最近の国際社会トレンドだ。特に米国・中国など主な強大国が乗り出している。米国は9・11以後の反米感情解決のために、中国は国際社会の中国警戒論に対応するレベルで公共外交を強化している。政策の目標点は自国イメージの改善だ。6月の朴槿恵(パク・クネ)大統領訪中を契機に韓国も中国と「韓中公共外交フォーラム」創設に合意した。

「経済の対外依存度が高い韓国は、国家イメージがより一層重要だ。分断国家、北朝鮮の核開発などで『コリア・ディスカウント』が今なお残っているだけに、韓国が魅力的で身近な国だということをさらに熱心に知ってもらわなければならない」。

公共大使の赴任前、彼は3年間イスラエル大使として仕事をした。「韓国戦争に参加したユダヤ人20人を、うわさを頼りに捜した末に見つけ出し『平和の使徒』メダルを授けたことがある。この席で、ある参戦勇士が『韓国戦争以後、韓国を胸中に秘めながら生きてきた』と話した。それから夫人・息子・娘・孫・孫娘が全員アリランを合唱した。毎週金曜日の夕方、安息日の晩餐の時に家族皆でアリランを歌うという。1カ月後、夫人が電話をかけてきた。『夫が1週間前に息を引き取る際、メダル授与式が自身の一生で最も光栄な瞬間だったと話した』と伝えた。このことで『韓国は多くのユダヤ人が共にした国』だという認識がイスラエルに広がることになった」。
「コリア・ディスカウント」払拭する魅力的な韓国イメージつくろう(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「コリア・ディスカウント」払拭する魅力的な韓国イメージつくろう(1)

    2013.08.13 13:12
    뉴스 메뉴 보기
    マ・ヨンサム大使は「韓国にいる外国人に、私たちの友情を伝えるのも公共外交」と話した。
    TOP