주요 기사 바로가기

日本人観光客30%減少の代わりに韓国内顧客3倍に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.13 09:14
0
豪雨と猛暑が入り乱れる今年の夏の天気に、都心ホテルが特需を享受している。不安定な天気のせいで野外に出るのが大変になったレジャー客が、ホテルの夏パッケージ商品に視線を転じているのだ。一部のホテルは今夏のパッケージ顧客が昨年の3倍にまで増えた。円安現象でどんどん減った日本人観光客の空席を、国内パッケージ顧客が埋めているという分析だ。

雷・稲妻をともなう豪雨と気温33度を超える猛暑がかわるがわる襲ってきた先週末、ソウル小公洞(ソゴンドン)のウェスティン朝鮮ホテルの宿泊率は98%を超えた。最高級スイートルームなどを除けば事実上の満室だ。11日午前11時、このホテルの室内プール案内デスクの周囲は、色とりどりの水着を着た子供たちでいっぱいだった。家族単位の夏パッケージ顧客が集まっていたのだ。ホテルの案内職員は黒いスーツ姿でプールのロッカーキーを分けるのに忙しかった。このホテルのイ・ドンヒョンマーケティングチーム長は「日本人観光客は30%減ったが、国内のパッケージ利用顧客は3倍に増えた」として「家族単位で展示会・公演などを含むホテルパッケージを利用して、都心で休暇を楽しむ傾向」と話した。旅行業界ではハイシーズンには海外に行く代わりに都心のホテルで休息を楽しみ、航空チケットが安くなるオフシーズンを選んで旅行に行くケースも増加しているという分析が出ている。

「円安不況」の直撃に合ったロッテホテルソウルも、国内パッケージ顧客の恩恵をしっかり受けている。ロッテホテルは外国人宿泊客の70%を占めるほど日本人観光客が好んで訪れていた。昨年夏の場合、一般客室予約率が90%に迫って韓国人パッケージ用の客室を用意するのが困難なほどだった。しかし円安が長期化する中、日本人観光客が減り、さらに一流ホテルから中低価格ホテルへと流れていった。ロッテは韓国人パッケージに気をつかった。昨年の2種類から今年は6種類に増やしてパーティー・女性専用などのコンセプトを多様化した。イ・ジョンジュマーケティングチーム長は「パッケージ販売が今年は70%増えた」として「昨年よりも梅雨が長くなる中、デパート・映画館が室内で連結されて外に出て行かずとも余暇を楽しめるという点も人気を集めた要因」と話した。駅三洞(ヨクサムドン)のリッツカールトンホテルのパッケージ顧客も昨年夏より60%増えた。雨が降って猛暑が続くなど天気が一進一退する中、ホテルで休息しようとする人がさらに多いという分析だ。

乳児がいて長距離旅行が難しい家族単位の顧客が、比較的閑静できれいなホテルプールを避暑地に選んだという分析も出ている。盤浦のJWマリオットソウルのパク・ヘウク客室予約チーム長は「夏パッケージ商品の問い合わせが昨年の3倍に増えた」として「このうちの半分が乳児用プールを運営しているかを確認していた」と話した。このホテルは子供用プール(youth pool)があり、保護者が同伴すれば年齢を問わず乳幼児も入場可能だ。夏パッケージの販売を控えて親環境資材で仕上げをして底に緩衝材を設置するなど大々的なプール改造をしたという説明だ。

COEX(コエックス)インターコンチネンタルホテルも今夏のパッケージ販売が昨年の2倍に増えた。オリンピック公園に近いという位置づけと夏公演が盛りだくさんだという点を活用して、サーカスなどの公演チケットとホテル客室をセット販売したのが功を奏したという分析だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本人観光客30%減少の代わりに韓国内顧客3倍に

    2013.08.13 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    プラザホテルが最上層の室内プールで子供専用アクアロビックのクラスを開くなど、一流ホテルも多様な夏パッケージ商品を出している。(写真=プラザホテル)
    TOP