주요 기사 바로가기

猛暑に乗り北上、毒性クラゲが全国を襲撃=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.12 13:26
0
11日午前、済州市(チェジュシ)の犀牛峰(ソウボン)海水浴場。海洋警察が水中から相次いでクラゲの群れをすくい上げた。前日に26人がクラゲに刺されたという通報があり、海水浴を規制して実態把握に乗り出したのだ。発見されたのはほとんどが毒性の強いアンドンクラゲだった。前日に海水浴客を困らせたクラゲだ。午後に入りクラゲの数が減ると海水浴場の運営を再開したがクラゲが再び集まり40人が刺された。近隣の金寧(キムニョン)海水浴場でも15人、梨湖(イホ)テウ海水浴場では14人がこの日クラゲの被害を受けた。済州海洋警察は、「11日に3カ所の浜辺で69人が、前日は6カ所の浜辺で61人がクラゲに刺された。クラゲが多く出没する海水浴場は利用を防ぐ計画だ」と明らかにした。

全国の海水浴場が8月に入り毒性クラゲに苦しんでいる。梅雨が終わり水温が上がりながら亜熱帯性の毒クラゲに刺された避暑客が増加しているのだ。海洋警察庁によると7月の1カ月に通報されたクラゲ被害は102件。それが今月に入り10日までで575件に急増した。9~10日の2日間に寄せられただけで269件に達した。

場所も関係なくなっている。7月には主に南海岸に現れていたが、西海岸では忠清南道泰安(チュンチョンナムド・テアン)、東海岸では江原道束草(カンウォンド・ソクチョ)まで被害が及んでいる。8日には江原道の洛山(ナクサン)海水浴場で40人余りがクラゲに刺される事故が起きた。猛暑で海水の温度が上がり全国の海水浴場にクラゲが現れているのだ。

特に毒性が強いアンドンクラゲ、エチゼンクラゲなどが出没していて被害が懸念されている。昨年8月には仁川(インチョン)の乙旺里(ウルウァンリ)海水浴場で8歳の女児がエチゼンクラゲに刺されて死亡している。

クラゲの襲撃は先月初めから予想されていた。国立水産科学院は中国と南海地域のエチゼンクラゲ個体数調査を基に、「今年は韓半島沿岸でクラゲが昨年の20倍以上に増えるだろう」としていた。

亜熱帯性の毒クラゲは今後さらに猛威を振るうものとみられる。水温があまりに上昇している上、9月まで暑さが予想されているためだ。先月は15~20度だった沿岸の海水温は8月に入り25~27度まで急上昇した。11日午後2時には済州道付近の海水温が30度を超えた。水温が25度以上の所に主に生息する猛毒性アンドンクラゲに海水浴客が多く刺された理由だ。このクラゲに刺されると熱した焼きごてに触れたような激しい痛みを感じる。

政府と自治体は被害を防ぐのに懸命だ。海雲台(ヘウンデ)海水浴場と乙旺里海水浴場には長さ1.4キロメートル、高さ6メートルの大型遮断網を設置した。海洋水産部は、「クラゲ出没の実態を綿密に把握し、危険であるとみられれば海水浴を統制する方針だ」と明らかにした。

国立水産科学院クラゲ対策班のユン・ウォンドゥク博士は、「クラゲに刺された時はアルコールや酢で消毒すればクラゲの種類によってはむしろ毒がさらに速く広がりかねない」と話した。まずは海水で傷を洗いピンセットなどで残っているクラゲの触手を抜き取ることが1段階応急措置の要領だ。その後目まいを感じた場合はすぐに病院に行かなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP