주요 기사 바로가기

【時視各角】タイより劣る韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.12 13:23
0
左派と右派に良いニュースと悪いニュースがある。大統領選挙前に勉強会をした人たちによると、朴槿恵(パク・クネ)大統領は開城(ケソン)工業団地と4大河川事業を好ましく思っていなという。開城工業団地交渉は予想するのが難しい。金養建(キム・ヤンゴン)北朝鮮統一戦線部長も「開城工業団地がうまくいけばDMZ公園もうまくいく」と述べた。朴大統領が開城よりDMZ平和公園と南北横断鉄道に大きな関心が抱いていることに気づいた姿だ。

尹成奎(ユン・ソンギュ)環境部長官は「4大河川の緑潮をそのままにしろ」と指示した。国土部とももめている。「部処間の障壁をなくせ」という大統領の指示が色あせるほどだ。尹長官は「社会的合意があれば堰を撤去もある」とも述べた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)との共感なしには出にくい言葉だ。大統領選挙キャンプ環境特補出身であり、現実味がない話とはいえない。

「まさか22兆ウォンの堰を撤去するだろうか」という予断は甘い。監査院の「大運河推進」発表と談合・不正資金の捜査は最初の段階にすぎない。尹長官が制約を加えただけに、ダム放流や黄土散布による緑潮除去は期待しにくい。4大河川の運命が暑さと天気にかかっている。「緑潮ラテ」という新造語からして尋常でない。いつ4大河川が第2のBSE(牛海綿状脳症)・韓国哨戒艦「天安」身分になるか分からない。親朴陣営と民主党が手を握れば、堰を取り壊すことなど何ともない。

ここで中学3年の科学の教科書を開いてみよう。緑潮は「あまりにも暑くて発生した」という李明博(イ・ミョンバク)政権側の主張はでたらめだ。なら、なぜ熱帯地方の川は生きているのか。「堰のためにそうだ」という反対側の論理も同じだ。世界で最も澄んでいるといわれる日本の摩周湖はたまった水だ。気温・日光・流速は部分的な要因にすぎない。教科書は緑潮の根本原因を私たちの過ちとして教えている。水中のプランクトンが生活廃水に溶けた洗剤・石けん・肥料の燐と窒素を食べながら猖獗するためだ。海の赤潮も同じだ。梅雨に陸地から流れた燐・窒素が問題だ。
【時視各角】タイより劣る韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP