주요 기사 바로가기

<ゴルフ>「韓国男子ツアーに活気を」 日本組14人がソラシド出場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.09 12:46
0
8日に全羅南道海南パインビーチゴルフリンクスで開幕した韓国プロゴルフツアー(KGT)ソラシドパインビーチオープンJゴルフシリーズ。賞金総額3億ウォン(優勝賞金6000万ウォン)の新設大会に、金庚泰(キム・ギョンテ、27、新韓金融グループ)、金亨成(キム・ヒョンソン、33、現代ハイスコ)、リュ・ヒョンウ(32)ら日本組が14人も出場した。

賞金が多くない新設大会に海外組が集まったのは異例だ。海外組の出場は選手がツアーの活性化に同意したことで可能になった。金亨成は「正直、賞金は日本の2部ツアーより少ない。しかしスケジュールが許せば韓国大会に出場し、力になろうという雰囲気」と話した。

今季、KGTは13大会が予定されている。5年前には20大会が開催されたが、景気低迷と協会の内紛が重なり、活気を失った。リュ・ヒョンウは「海外に出ると、韓国ツアーがうまくいってこそ自分もうまくいくという気がした」と語った。

選手の努力はこれだけでない。プロアマ大会でアマチュアゴルファーに自筆の手紙を伝え、ラウンド後にはファンサイン会にも積極的に参加する。

一方、第1ラウンドでは先週の宝城CCクラシックで優勝したキム・テフン(28)、ホン・スンサン(32、SKテレコム)が7アンダーで首位タイに立った。リュ・ヒョンウは5アンダーで4位タイ、金亨成は4アンダーで11位タイ、金庚泰は3アンダーで24位。

Jゴルフは第2-4ラウンドを9-11日午後2時から生中継する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP