주요 기사 바로가기

今年前半期の証券市場、「リップスティック効果」なかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.06 14:00
0
「リップスティック効果」という言葉がある。不況期でも「少ないお金で享受できるぜいたく品」の化粧品だけはよく売れるという現象だ。だが今年前半期の株式市場では化粧品関連の株価が下落を繰り返しリップスティック効果という言葉も色あせるものにした。

業界1位のアモーレパシフィックの場合、今年初めての取引日に121万ウォン(約10万7000円)だった株価が5日現在94万1000ウォンだ。株価の約25%が蒸発したことになる。キム・ヘリム現代証券研究員は「プレミアム販売のチャンネルである訪問販売の長期沈滞によって8%ほど減少するなど好材料があまりなかった」として「第2四半期の営業利益もやはり前年同期比で2%ほど減少する見通し」と話した。業界2位のLG生活健康の境遇も大きく異ならない。1株あたり65万1000ウォンで2013年を明けたが、今は58万ウォンに落ちこんだ状況だ。

株価の下落幅は化粧品業界の「成長の宝庫」と呼ばれたブランドショップがより大きかった。ブランドショップの代表格であるMISSHAを運営するAble C&Cの5日現在の株価は3万8650ウォン。年初めの7万9300ウォンと比較すると半分ほどの水準だ。アモーレパシフィックの子会社でinnisfree・ETUDEといったプランドショップを率いるアモーレGの株価もやはり年初対比で20%ほど下落した。

ブランドショップ業者間の競争が激化しながら実績も悪くなった。ハナ大韓投資証券のパク・ジョンデ研究員は「Able C&Cの場合、第2四半期の売り上げは前年同期比で10%増えると見られるが、営業利益は48%減少した49億ウォンにとどまる」としながら「新規事業者が増えて個別ブランドの出店速度もはやくなる中、マーケティング費用が大きく膨らんだため」と説明した。実際、ブランドショップの企業などは「年中割引」と呼ばれるほど毎月、割引戦争を行っている。

ここに政府規制の可能性まで大きくなりながら株価下落をあおりたてた。ウリ投資証券のハン・グクヒ研究員は「最近、参加連帯がブランドショップ企業を公正委に告発して規制リスクが本格的に台頭してきた」として「昨年コンビニエンスストア・パン屋などフランチャイズ業界全般に広がった各種の出店規制がブランドショップ産業にも適用される可能性が大きくなった」と話した。

ブランドショップの化粧品会社が打撃を受けて、これらの会社に化粧品内容物を供給する企業もやはり投資魅力を失った。3月に3万5000ウォンまで上がった韓国コルマーは5日、2万4300ウォンで取引を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    今年前半期の証券市場、「リップスティック効果」なかった

    2013.08.06 14:00
    뉴스 메뉴 보기
    2013年上半期の株式市場では、化粧品関連の株価が下落を繰り返し「リップスティック効果」という言葉も色あせるものになった。
    TOP