주요 기사 바로가기

【コラム】大学入試で必修となる韓国史、負担減らすには(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.02 16:38
0
イ・テジン国史編纂委員長が2011年5月中央日報とのインタビューで「修能(日本の大学入試センターに相当)に関連すれば、教科書の内容が試験問題帳簿のようになる。修能では弁別力を重視するため暗記対象として事実だけを羅列する。修能の枠組みに入ると歴史教育が死んでしまう結果になった」と話したのもこうした理由からだ。当時イ委員長は、韓国史科目の必修化について修能と関連する動きを憂慮した。

韓国史を必修とする目的は、育つ未来世代に歴史をよく分かってもらおうということであって、断片的な歴史的事実をどれくらいよく知っているのかテストして一等からビリを出そうというのとは違うだろう。それならば「人を踏み台にしてうまくやる」よりも「この程度なら充分だ」というパラダイムのほうがもっと適していないだろうか。

このために、韓国史教師らと専攻学者が最小限の要件(minimum requirement)を設定してこれを試験制度に導入する方案はどうだろうかと考える。一種の通過・不通過(pass/fail)試験だ。あえて修能日当日に韓国史試験を受ける必要はない。早くから韓国史に関心がある学生ならば、国史編纂委員会が主管する韓国史能力検定試験(歴史・歴試)をあらかじめ受けて一定レベル(級数)だけ取ればこの試験を通過する。試験当日には韓国史を受ける事もでき、この成績もやはり最低等級を設定すれば良い。もちろんこの方式がすべての問題を解消することにはならないだろう。ただし歴史を歴史らしく教える環境をつくるのに一助となることはあるとみる。今こそ沈黙している歴史学者が答える順番だ。

カン・ホンジュン論説委員


【コラム】大学入試で必修となる韓国史、負担減らすには(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP