주요 기사 바로가기

<東アジア杯>停戦60周年の日、一つになった南北女子選手

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.29 09:39
0
韓国戦争(1950-53)停戦60周年だった27日、南北女子サッカーがソウル蚕室(チャムシル)総合運動場で一つになった。

北朝鮮は27日に行われた2013東アジアカップ最終戦で中国に1-0で勝った。続いて行われた韓国-日本戦では、韓国が勝利または引き分ければ北朝鮮が優勝する状況となった。北朝鮮のキム・グァンミン監督は「南側の選手たちが全力を尽くして必ず勝つことを望む」と応援した。

北朝鮮選手はロッカールームの前で会った韓国選手を抱きながら励まし、後半は観客席で応援した。その望み通り、韓国は日本を攻めた。池笑然(チ・ソヨン、21、INAC神戸)の2得点で日本を2-1で降した。終了ホイッスルが鳴ると、北朝鮮の選手がグラウンドに入り、韓国選手と一緒に喜んだ。両国の選手は表彰台に一緒に立って写真を撮影し、抱き合った。

ソウルと平壌(ピョンヤン)で別に停戦60周年記念式が行われた日、グラウンドでは女子サッカーが素晴らしい勝利と優勝を同時に生み出した。韓国女子代表の主将シム・ソヨン(24、高陽大教)は「日本が優勝するよりもはるかにいい」と喜んだ。

南北の指揮官も言葉を交わした。韓国のユン・ドクヨ監督(52)と北朝鮮のキム・グァンミン監督(51)は90年10月23日、蚕室総合運動場で行われた統一サッカー大会で一緒にグラウンドでプレーしている。

ユン監督は23年ぶりに同じ場所で手を握り合ったキム監督に「ここの(蚕室)グラウンドを覚えているか」と尋ねると、キム監督は「はっきりと覚えている。必ずまた会おう」と語った。

翌日午前、北朝鮮選手団は仁川空港から出国した。19日の入国当時と同じ紺の団体服を着ていたが、表情ははるかに明るかった。

サッカー協会の関係者は「当初は選手たちが硬直していたが、時間が過ぎれば私たちと同じだった。選手たちは『ウェディングホール』など周辺の見慣れない言葉があれば積極的に尋ね、ホテルの職員にも気さくに話しかけたりもした」と伝えた。

一方、安敏錫(アン・ミンソク)民主党議員(47)は28日、「京平(ソウル・平壌)サッカー復活要求決議案」を発議し、「政治と外交力だけでは南北の不通を突破するの難しい。アジアカップの女子サッカーが私たちに与える意味を改めて考える必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP