주요 기사 바로가기

<東アジア杯>北朝鮮女子、2勝1引き分けで締めくくる

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.07.27 19:42
0
北朝鮮女子サッカー代表チームが東アジアカップ2013を2勝1引き分け分けで大会を終えた。

北朝鮮は27日、蚕室(チャムシル)総合運動場で開かれた東アジアカップ2013女子の最終戦、中国との試合で1-0で勝利した。

守備選手のリ・ウンヒャン(25、FC鴨緑江)が試合開始後すぐにゴールを決め、これが決勝点となった。中国ゴールキーパーのワン・フェイは奇襲的なゴールを予測できずぼうぜんと前だけ見つめていた。

リ・ウンヒャンは北朝鮮代表チームの中では年齢的に古参に属するものの、今大会前までAマッチは1試合だけの出場で、経歴上では新鋭と同様だ。だが、今大会で北朝鮮の上昇の勢いを引っ張った。

北朝鮮は第1戦の韓国戦を2-1で逆転勝ちし、強豪らしい姿を見せた。だが、第2戦の日本戦でゴールを決めることができなず0-0で引き分けた。北朝鮮は最後の試合には必ず勝つという覚悟で臨み、序盤から中国を執拗に圧迫し続けた。

一方、北朝鮮は2勝1引き分け(勝点10)で大会を終え、引き続き行われる韓国-日本の試合を待って優勝の有無が決まる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東アジア杯>北朝鮮女子、2勝1引き分けで締めくくる

    2013.07.27 19:42
    뉴스 메뉴 보기
    東アジアカップ2013女子の北朝鮮対中国の試合の様子。
    TOP