주요 기사 바로가기

<東アジア杯>世代交代中の北朝鮮、強豪日本女子に0-0引き分け

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.26 08:20
0
若い北朝鮮が日本の肝を冷やした。

北朝鮮は25日、華城(ファソン)総合競技タウンで開かれた東アジアカップ2013女子の日本との第2戦を0-0で引き分けた。第1戦で韓国を2-1で破った北朝鮮は、1勝1引き分けで日本と同率だがゴール得失で遅れをとって2位になった。日本は20日、中国と第1戦で2-0で勝利した。ゴールはさく烈しなかったものの、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング3位の日本と9位の北朝鮮はレベルの高い試合を見せた。

日本は昨シーズン、ドイツ女子のブンデスリーガーで得点王に輝いた大儀見優季(26、チェルシー)を前面に出して北朝鮮を苦しめた。大儀見は昨シーズン、FCポツダムで18ゴールを決めてチームを準優勝に導いた人物だ。最近、チェルシーに移籍した大儀見はこの日Aマッチ100試合(45ゴール)出場を記録した。この他に日本にはオリンピック・リヨンで走っているミッドフィルダー大野忍(29)とモンペルリエの守備選手の宇津木瑠美(25)まで、そうそうたる海外派が北朝鮮の攻撃を阻んだ。

世代交代中の北朝鮮は、キム・ウンヒャン(20)とキム・ナムヒ(19)、キム・ウンハ(21)、ユン・ソンミ(21)ら90年代初期に生まれた若い選手で守備ラインを構築した。彼女たちはあふれるスタミナを武器に日本の攻撃を封じ込めた。

一方、男子では日本がオーストラリアを3-2で下している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東アジア杯>世代交代中の北朝鮮、強豪日本女子に0-0引き分け

    2013.07.26 08:20
    뉴스 메뉴 보기
    東アジア杯2013の北朝鮮女子チーム代表。
    TOP