주요 기사 바로가기

【コラム】敵軍墓地と梵魚寺…韓中が展開する「公共外交」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.24 13:19
0
先日敵軍墓地を訪れた。朴槿恵(パク・クネ)大統領が先月中国を訪問した際に中国への返還の意向を明らかにし注目を浴びた中国軍の遺骨367柱が安置されたところだ。韓国戦争で戦死した北朝鮮軍と中国軍の遺骨を1カ所に集めたここの正式名称は「北朝鮮軍・中国軍墓地」だ。

遠くはなかった。京畿道坡州市積城面沓谷里(キョンギド・パジュシ・チョクソンミョン・タプコクリ)55番地。人の往来が懐かしいのか、国道37号線にぴったり寄り添っていた。第1墓地と第2墓地を隔てる小さな畑で野菜が雨を浴びながら育っている様子は通常の田園風景と変わるところはない。

しかしどこかの軍部隊で訓練をしているのか遠くから砲声が聞こえる。戦線が遠くないことを実感させる。中国軍の遺骨がある第2墓地に足を向けると白い花束が目についた。花は江原道春川市西面(カンウォンド・チュンチョンシ・ソミョン)で見つかった無名の294番中国軍墓碑に置かれていた。

今月中旬、韓中文化協会の招きソウルを訪れ、朝鮮戦争に参戦した中国軍出身者としては初めてここを訪れた探した3人の中国人が置いて行ったものだろう。彼らは線香を立て花を捧げ、「韓国戦争は起きてはならなかった戦争」と話した。

中国の一部で韓国戦争を「正義の戦争」と称しているのとは大きな温度差が感じられる。彼らの訪韓のニュースを扱った本紙の中国語サイトの記事には「本当にありがとう」という中国人のコメントが書き込まれた。

先週ソウルでは韓国国際交流財団と中国人民外交学会が共同で主催した第18回韓中未来フォーラムが開かれた。セミナーの日程をこなした中国代表団10人余りが1日時間を取って訪れたのは釜山(プサン)の梵魚寺(ポムオサ)。

韓国の寺院、その中でも梵魚寺を訪れる理由が気になった。中国代表団はただ「交流次元で」と話した。中国は韓国仏教に対する理解を高め、梵魚寺は中国代表団との交流を通じて中国をさらによく知ることができないだろうかという説明だった。

しかし筆者の頭にはチベット分離独立問題で中国との摩擦を呼び起こしているダライ・ラマが思い浮かんだ。3年前に日本で開かれたダライ・ラマと韓国仏教信者の会合で梵魚寺が一定の役割をしたことがあるためだ。互いに疎通するのがそうしないよりも良いという判断を中国がしそうだ。

韓中文化協会が韓国戦争当時に坡州まで銃を携えてきたという昔の中国軍兵士を敵軍墓地に招き、また、韓中未来フォーラムに参加した中国代表団が梵魚寺を団体訪問する事案には、この2つを貫くひとつの流れがある。

公共外交の展開がそれだ。公共外交とは魅力と文化などソフトパワーを活用して相手国の国民の心をつかみ、究極的にはその国の対外政策に影響を及ぼす外交だ。真実に基づくという点から、嘘も動員する宣伝(プロパガンダ)とは区別される。
【コラム】敵軍墓地と梵魚寺…韓中が展開する「公共外交」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP