주요 기사 바로가기

韓国大手ポータルサイトのネイバー・ダウム、グーグルに敗訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.19 08:32
0
韓国内1、2位のポータルサイト企業であるNHNとダウムコミュニケーション(ダウム)が、世界1位の検索企業グーグルと繰り広げてきたスマートフォンの検索プログラム独占搭載紛争で敗れた。韓国の公正取引委員会は19日、韓国内のオンライン検索市場で不公正な取引をしたという理由でNHNとダウムがグーグルを公正委に提訴した事件に関し、グーグルについて“嫌疑なし”との結論を下したと明らかにした。

NHNとダウムは、グーグルがスマートフォンメーカーにアンドロイド基本ソフト(OS)を供給する過程でグーグルの検索エンジンだけを先に搭載し、韓国内企業の検索プログラムを排除するよう強制した疑いがあるとして2011年4月に公正委にグーグルを提訴した。アンドロイドOSのスマートフォンは初期画面にバナー形態のグーグル検索ウィンドウが搭載された状態で販売されるようにし、モバイル検索市場で韓国内ポータル企業の競争の機会を制限しているという理由からだ。グーグルマップのように検索サービスと関連したアプリケーション(アプリ)を先に搭載させてほかの業者のアプリは排除しているという疑いも提起された。

しかし公正委は、NHNとダウムの主張を受け入れなかった。公正委関係者は「グーグルは優先搭載した以後も韓国内の市場占有率が10%前後にとどまった一方、ネイバーの占有率は継続して70%台だった」として「消費者がネイバーとダウムのアプリを簡単に設置できるという点で代替品が存在し競争が制限されたという証拠も探せなかった」と明らかにした。グーグルは米国でも検索をめぐる独占論議で2年以上の調査を受けたが無嫌疑処分を受けた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP