주요 기사 바로가기

<全元大統領家宅捜索>長男の居住地から工芸品200点(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.18 09:44
0
全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領(82)の“隠し資産”探しに動き出した検察が17日、長男ジェグク氏の実際の居住地から陶磁器など工芸品200余点を追加で発見した。検察は国立中央博物館と国立現代美術館の専門家を呼び、2日間に約30カ所で押収した美術品およそ550点の鑑定を依頼する計画だ。

ソウル中央地検未納追徴金担当チーム(チーム長キム・ヒョンジュン)は17日正午から捜査チーム約80人を投入し、京畿道驪州の全元大統領の兄・全基煥(キム・ギファン)氏の自宅、ソウル延喜洞所在の元秘書官の家など13カ所を家宅捜索した。

陶磁器など約200点は、前日に検察が捜索したジェグク氏の住民登録上の居住地でなく、ソウル市内の個人所有の建物から出てきた。検察はジェグク氏が別の建物に居住しているということを把握し、この日、追加で家宅捜索した。

 
検察は建物3階のジェグク氏の住居を調べる過程で、下の階(2階)にある巨大な収蔵庫を確認したという。その中には長期間にわたり収集したとみられる磁器や工芸品が多数あった。検察は押収した美術品を国立中央博物館と国立現代美術館に分けて保管し、精密鑑定を行う計画だ。2日間の家宅捜索で確保された美術品は初日の350点など計550点に増えた。

また検察は次男ジェヨン氏と03年にソフトウェア会社オーアールソリューションズコリア共同代表を務めたリュ・チャンヒ氏の家も家宅捜索対象に含めた。リュ氏は会社設立2カ月目、最高検察庁中央捜査部が職員口座に入った資金130億ウォンの追跡に動くと、行方をくらませた人物だ。中央捜査部は当時、ジェヨン氏の財産のうち73億ウォンが全元大統領の隠し資産という裁判所の判決を受け、資産を追跡中だった。検察はリュ氏を捜査対象に含めて疑惑を確認する計画だ。


<全元大統領家宅捜索>長男の居住地から工芸品200点(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP