주요 기사 바로가기

<アシアナ機着陸失敗>衝突54秒前の急下降を指摘…機長は8秒前に再離陸の試み(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.10 09:15
0
アシアナ航空214便事故に関する操縦士の言葉が異なり、注目される。再離陸(go-around)時点と下降率、自動推力調節装置(auro-throttle)作動などで違いがある。操縦士の言葉は、操縦士が異常兆候を適時に把握して正確に対応したかどうか、機体の異常など他の要因はなかったかを判断する決定的な要素となる。

◆問題発生、早く把握した可能性も

9日の国土交通部などによると、操縦士は再離陸を試みた時点から発言内容が違った。再離陸とは、着陸に失敗した飛行機が滑走路に接触しない状態で速度を上げ、再上昇することをいう。

当時、操縦室で教官として副機長席にいたイ・ジョンミン機長は調査当局に「200フィート(61メートル)-100フィート(30.5メートル)程度で再離陸を進行した」と述べた。「高度が低く速度が落ち、推力を高めて復行を試みたが、推力が上がらず、手動で入れた」と述べた。イ・ジョンミン機長が主張した高度を事故当時の航跡記録に照らしてみると、衝突16秒前から7秒前の間に機体を上昇させようとしたことになる。

しかし機長席に座って操縦桿を握っていた捉えたイ・ガングク機長は「110フィート(34メートル)で再離陸を進行した」と記憶していた。早くとも衝突8秒前に該当する高度で、米運輸安全委員会(NTSB)が明らかにした飛行記録や管制塔との交信内容とも一致する。イ・ガングク機長が正確に110フィートと述べた半面、イ・ジョンミン機長は高度範囲を広く述べた点が違った。
<アシアナ機着陸失敗>衝突54秒前の急下降を指摘…機長は垂秒前に再離陸の試み(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP