주요 기사 바로가기

<アシアナ機着陸失敗>死亡した中国女子高生2人は名門校の優等生

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.09 09:16
0
アシアナ旅客機に搭乗して死亡した中国人女子高生2人の背景がメディアを通じて伝えられ、人々を悲しませている。2人は浙江省衢州市の最高名門、江山中学(高校課程含む)高校1年。ともに誠実、多才多能で、学校と親の期待が大きかったという。

王琳佳さん(17)はこの学校の高校1年10組の学級代表で、48人の生徒のうち成績は1、2位を争った。王さんは米国に出発する前、クラスの友達に「帰国したら必ずまた会おう」と約束し、7日午後3時31分(現地時間)、ウェイボ(微博=中国版ツイッター)に「go(行く)」という字を残した。そして永遠に帰って来られないれない道を行くことになってしまった。王さんの「go」という文字を見たネットユーザーは8日現在141万人に達した。普段、王さんのウェイボを見たネットユーザーは平均12万人程度だった。

王さんの隣のクラスだった葉夢円さん(16)も才能が豊かな生徒さった。学業成績優秀者からなる学校の学習委員として活動したが、特に英語と物理が得意で、委員会で2科目の代表を務めた。葉さんは米国に出発する前の4日午後9時5分、ウェイボに「444444」という数字を残した。ネットユーザーは、葉さんがなぜ中国で死を意味する「4」を6回も繰り返したのだろうかとして悲しんでいる。

一方、官営中央テレビ(CCTV)は8日に死亡した2人の女子高生の1人はサンフランシスコ空港の救急車にひかれて死亡した可能性が高い、と伝えた。米消防当局のタルマドゥジ報道官は「法医学者が中国人少女の死因を確認するために解剖検査をした結果、1人の負傷は自動車にひかれた場合に生じる傷あとに似ているという所見を出した」と明らかにした。

この日死亡した女子高生2人の家族12人と中国政府関係者6人は、アシアナ側が提供した航空便で仁川(インチョン)空港に到着し、米国に出発した。尹永斗(ユン・ヨンド)アシアナ航空社長は出発搭乗口の前で遺族を迎え、慰めの言葉を伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP