주요 기사 바로가기

【噴水台】人類文化遺産のアリラン、韓国国内では文化財扱いされず…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.06 12:03
0
5月に江原道(14日春川、15日旌善)、全羅南道(23日珍島、24日木浦)、慶尚南道(29日昌原、30日密陽)を回った。次はソウルだ。17日晩、ソウルオリンピック公園オリンピックホールで公演のクライマックスを迎える。アリランがユネスコ人類無形文化遺産に登録されたことを記念する「全国アリラン公演」だ。3大アリランの旌善アリラン、珍島アリラン、密陽アリランが主軸だ。

アリランは一つではない。地域によって異なる。学界は約60種、計3600余りあると推定している。さらにアリランは絶えず変わり、新しく生まれる。義兵アリラン・サハリンアリラン・パリアリラン・LAアリランのほか、北朝鮮の功勲芸術家チェ・ソンファン(1936-1981)の名曲「アリラン幻想曲」やキム・ヨナ選手が氷盤で見せた「オマージュ・トゥ・コリア」のような編曲、演劇・ミュージカルなどにつながり、拡散している。韓民族がいるところにはどこにでもあるということだ。

全国アリラン公演の演出者チェ・ユンピル氏(55)は「旌善アリランは悲しく深みがある感じ、珍島アリランは合唱するのによい楽しさがあり、密陽(ミルヤン)アリランは闊達で味がある」と評価する。どのアリランも興と恨という共通の情緒が込められている。「前の南山のキツツキは自分で穴を掘るのに、わが家のぼんくらは開いている穴も開けられない」(旌善アリラン)と妙ないやらしさやユーモアもみられる。

昨年12月にアリランが人類無形文化遺産に登録されたのは、中国が2011年に朝鮮族アリランを国家級文化遺産に指定したのが刺激剤の役割をした。「中国に奪われるかも」という危機意識だった。しかし人類共通の文化遺産として公認されたアリランは、韓国国内ではいかなる法的・制度的な後押しも受けられないのはアイロニーだ。旌善アリランは江原道の無形文化財ではあるが、国家レベルでは現行法上、指定が不可能であるからだ。

文化財保護法(24条)には「文化財庁長は重要無形文化財を指定する場合、該当重要無形文化財の保有者(保有団体を含む)を認定しなければならない」という条項がある。しかし全国民の血の中に流れるようなアリランの保有者を誰、どの団体に決められるだろうか。無理に指定しようとすれば争いが発生し、嘲笑を買うのは明らかだ。キムチを無形文化財に指定するのも同じだ。したがって無形文化財をもう少し幅広く定義し、あえて保有者・団体を指定しなくてもよい「無形文化遺産保全・振興に関する法律案」が国会に提出されている。早期に通過することを願う。「全国アリラン」はソウル公演後、南北アリラン合同公演も推進する計画だ。ふさがった南北関係がアリランで少しでも解ければ、それも喜ばしいことだ。

ノ・ジェヒョン論説委員・文化専門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP