주요 기사 바로가기

サムスン電子・SKハイニックスが“半導体特許同盟”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.04 08:35
0
世界メモリー半導体市場で占有率1・2位のサムスン電子とSKハイニックスが“特許同盟”を結んだ。

サムスン電子とSKハイニックスは、両社がそれぞれ保有している半導体関連の特許技術を互いに共有する内容の“半導体特許クロスライセンス契約”を結んだと3日明らかにした。世界メモリー半導体市場のトップ企業同士が特許を共有する契約を締結したのは今回が初めてだ。サムスン電子は、今年第1四半期末を基準として10万件余りの特許を保有しているが、このうち半導体部門に該当する約5万件の特許が共有対象だ。SKハイニックスもやはり2万1400件余りの特許を持っている。両社は特許使用料や期間などは明らかにしなかった。

今回の技術提携は、韓国内の半導体企業同士が不必要な特許紛争を起こさないようにとの趣旨で結ばれた。2010年から両社の韓国内外の特許を管理する部署で具体的な技術提携範囲と内容などを定期的に議論し、先月最終交渉を終えた後に契約した。サムスン電子側は「潜在的な特許紛争に備えるために浪費した人材や費用を、新技術開発などに使える良い機会になるだろう」と明らかにした。SKハイニックスもやはり「半導体部門の特許技術を交流できて両社の競争力強化に役に立つ見通し」と説明した。最近急増している国際特許紛争に共同対応するのかどうかについては両社とも「検討中だ」と話した。

サムスン電子とSKハイニックスはそれぞれ国際特許紛争で苦難を経験したことがある。SKハイニックスは先月、米国半導体企業のラムバスと5年間で計2億4000万ドルを使用料として支払う特許使用契約を結び13年にわたった特許戦争を終わらせた。サムスン電子もやはり2011年に米国メモリー半導体企業のスパンションとライセンス契約を締結して1億5000万ドルを支払った。

市場調査機関アイサプライによれば今年第1四半期基準のサムスン電子の全世界DRAM市場占有率は36.4%で業界1位を占め、SKハイニックスは25.7%で後続している。NANDフラッシュの場合、サムスン電子が市場の38.5%を占有して1位だった。SKハイニックスは12.1%で日本の東芝と米国マイクロンに続き4位だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP