주요 기사 바로가기

【取材日記】中国語通訳なしでは討論できない韓国の外交官

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.02 11:30
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国訪問を終えた。韓国政府は韓中関係が一段階アップグレードされたと広報する。朴大統領に対する中国の破格な儀典やメディアの関心を見ればある程度合っている。特に朴大統領のソフト外交のおかげで韓国に対する一部中国人の否定的な見方が払拭されたのは事実だ。しかしもっと重要なのは今回の首脳会談の成果をどのように最大化・持続化するかということだ。このためには対中外交の反省がなければならない。

まず外交部中心の単線外交を全方向外交に変えなければならない。駐中韓国大使館の外交官の間で情報共有ができていないと言えば信じる人はいるだろうか。ところが現実はそうだ。政務1(外交部)、政務2(国家情報院)、経済、領事など独自に外交活動をする各館長駐在官の間に基礎情報を除くと各自別の財布を持っている。公使の間で情報共有もできないほどだ。だから各官庁から派遣された駐在官は外交官というにもきまりが悪い。何かを知っていればこそ、中国のカウンターパートと話ができるというものではないだろうか。なるほど彼らの主な仕事が所属官庁がさせる調査と北京を訪問する本部のお客の接待であるわけだ税金浪費と言わざるを得ない。

このところ世界はそれこそ「企画の時代」だ。ますます多様化・多角化する国際社会を分析し対応策を用意しなければならないためだ。ところが韓国外交の最前線である大使館には企画外交がない。ひたすら単一事件報告と分析だ。例えば昨年末に中国の指導者が10年ぶりに変わるのに、今後の中国の対内外政策を分析する長期企画をしたという話を聞いたことない。外交官たちは話す。「報告件数とその質で人事考課をするのにだれが何カ月もかかる企画をするのか」。

 
持っている外交資源も活用できない。中国には80万人の在外同胞がいる。このうち半分以上が企業家で、6万人の留学生と大学教授もいる。各部門の専門家も多い。特に企業家の経済・政治関連の対中情報力や現実把握能力は大使館に劣らない。それでも彼らを外交資源として活用するシステムがない。ただ時々セミナーと食事をする程度だ。強大国の間で可能なすべての外交資源を活用しても生き残りが容易でないのが韓国外交だが、ある資源まで放置しているわけだ。

外交官の中国語能力は恥ずかしいほどだ。恥ずかしいことだが駐中韓国大使館では時々4人の通訳の争奪戦が行われる。80人余りの外交官のうち通訳なしで中国の官僚と討論できるのは10人前後というので仕方ない。朴大統領より中国語ができない外交官が半分を超える。対中外交の枠組みを変えなければならない理由だ。

チェ・ヒョンギュ北京特派員

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP