주요 기사 바로가기

北朝鮮、韓国の首都圏狙い新型放射砲を前方配置

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.07.01 09:38
0
北朝鮮が最近、前方に配置された旧形放射砲(多連装砲)を新型に交換中であることが30日確認された。北朝鮮の軍事動向に精通している当局者は「北朝鮮が最近、前方に配置された107ミリ放射砲を122ミリと240ミリ放射砲に入れ替えている」としながら「旧型武器を現代化するという次元で分析している」と明らかにした。107ミリ放射砲は射程距離が8~10キロで、主に前方に配置された韓国軍の部隊を狙っている。だが最近、休戦ライン一帯の旧型砲を、射程距離が長く精度も向上した新型に交換しているという話だ。

122ミリ放射砲は最大射程距離が20キロに達し、海州(ヘジュ)や長山串(チャンサンゴッ)などの北朝鮮地域からペクリョン島・延坪島(ヨンピョンド)などの西北都市の攻撃が可能だ。北朝鮮は西北都市と向き合っている北朝鮮軍陣地にも122ミリ放射砲を集中配置しているという。軍当局者は「南浦(ナムポ)近隣に位置した軍需工場で、最近も放射砲生産が活発になっていることを把握している」として「完成品は主に北朝鮮軍4軍団が受け持っている」と付け加えた。

240ミリ放射砲の場合は、西部戦線と中部戦線に追加で数機配置されたことが把握された。240ミリ放射砲は射程距離が最大60キロに達して首都圏の大部分が射程圏に入る。多連装砲である放射砲は、一度に砲弾を浴びせることができて韓国軍に最も脅威的な武器とされる。これと共に北朝鮮は休戦ラインから大田(テジョン)や陸海空軍本部が位置する鶏龍台(ケリョンデ)の攻撃が可能な300ミリ放射砲を開発して試験中であると韓国軍当局は把握している。

米国防総省は最近議会に提出した“北朝鮮軍事力の増強報告書”で北朝鮮が各種放射砲を約5100門保有していると明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP