주요 기사 바로가기

「北の核開発は深刻な脅威」…韓米中の認識が一致

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.30 12:30
0
中国・北京で27日に開かれた韓中首脳会談を最後に先月から開かれた韓米中3カ国首脳間の連鎖会談が終わった。最近新たに発足した各国の新政権は今回の連鎖首脳会談を通じ北朝鮮の核開発問題と韓半島非核化原則を議論した。韓米中3カ国は北朝鮮の核問題解決の鍵を握る6カ国協議の核心国だ。最近北朝鮮は国際社会の制裁と圧迫から抜け出すため中国を訪問したのに続き南北対話と米朝対話を提案することもした。

北朝鮮の核問題と関連し韓米(5月7日)、米中(6月7日)、韓中(6月27日)首脳会談を通じて3カ国は「北朝鮮の核不容」と「韓半島の平和安定」に対する立場を確認した。

5月7日に行われた韓米首脳会談後に両国首脳は、「韓米同盟60周年記念宣言」を通じ北朝鮮の核に対する強い警告メッセージを送った。韓米両国は、「北朝鮮の核と弾道ミサイル プログラム、そして繰り返される挑発行為が韓半島だけでなく北東アジアの平和と安定に深刻な脅威になっているという点に深い懸念をともにする」という表現を宣言に盛り込み北朝鮮の核不容の原則を強調した。北朝鮮のミサイル脅威に備え情報・監視・偵察体系の連動など連合防衛力を強化した部分も目立った。

1カ月後の6月7日、米カリフォルニア州で行われたオバマ米大統領と習近平中国国家主席の会談では、これまで北朝鮮の核と関連してあいまいな態度を見せてきた中国の立場が表明された。首脳会談後にドニロン大統領補佐官(国家安全保障担当)は共同記者会見を通じ、「北朝鮮問題に対しては両国が完ぺきな意見一致に至った。両国首脳は北朝鮮が非核化しなければならず、北朝鮮を核保有国と認めず、非核化のために対話と協力を強化することで意見をまとめた」と明らかにした。北朝鮮の核不容の立場が明らかにされたわけだ。

今回の韓中首脳会談でも中国は「北朝鮮の核不容」の基調を維持した。朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日の首脳会談後の共同記者会見で、「両首脳はどのような状況でも北朝鮮の核保有は容認できないということで認識をともにした」と明らかにした。だが、共同声明には「北朝鮮の核」という単語を盛り込むことはできなかった。両国は、「双方は関連核兵器開発が韓半島を含む北東アジアと世界の平和と安定に対する深刻な脅威になるという点で認識をともにした」という表現を通じ遠回しに北朝鮮の核が中国にも大きな脅威だという点を明らかにした。これに対して韓国国際政治学会イ・ホチョル会長は、「中国が『北朝鮮の核不容』という明示的表現を使った米中首脳会談の時よりは不明確な立場を表明した。対話攻勢をかける最近の北朝鮮の行動に中国がある程度配慮したようだ」と話した。

「北朝鮮の核不容」は明示できなかったが、今回の韓中首脳会談は過去の韓中首脳会談より北朝鮮の核と関連した内容で進展を成し遂げたと評価される。韓国国防研究院のイ・チャンヒョン国際戦略研究室長は、「これまで首脳会談は外華内貧(外見だけ派手だがその実体はつまらなく貧弱)だったが、今回は北朝鮮問題でも手に取れる進展があった。韓中の外交安保コントロールタワー間の常設協議体設立は今後北朝鮮問題の急変時に核心的な疎通のメカニズムを用意したもの」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP