주요 기사 바로가기

<韓中首脳会談>習首席「朴大統領の訪問、両国の将来に大きな影響」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.29 10:48
0
中国の習近平国家主席が28日、「朴槿恵(パク・クネ)大統領が提示した韓半島信頼プロセスについて楽観的に見る」とし「韓国が韓半島信頼プロセスをうまく推進していくことで南北間の問題を解決し、韓中間でも緊密な協議を維持しよう」と述べた。また「韓半島の平和を促進し、北東アジア平和協力構想を具現していくうえで中国も協力していく」と強調した。

習主席は当初予定になかった首脳間の特別昼食会を用意し、彭麗媛夫人も出席した。ここで朴大統領が「中国が今後、韓半島の非核化具現と平和的な統一過程で良きパートナーになってほしい」と要請すると、習主席は共感を表しながらこのように述べたと、朱鉄基(チュ・チョルギ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)外交安保首席が伝えた。

青瓦台の関係者は「中国側が朴大統領に対する格別な友誼と信頼を表すために、双方から少数だけが参加する昼食会を提案してきた」とし「特に中国国家主席が首脳会談の公式歓迎夕食会のほか、別途に昼食会を提供する場合は前例がない破格」と説明した。

釣魚台の国賓館である養源斎で1時間ほど行われる予定だった昼食会は午前11時30分に始まり、2時間ほど続いた。韓国側からは尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官、朱鉄基首席が、中国側からは楊潔チ国務委員と王毅外相が同席した。

朴大統領と習主席は前日の夕食会とこの日の昼食会を含め、2日間に7時間30分ほど会った。習主席はこの席で、「両国に新政権が発足した後、朴大統領の今回の訪中が大きな成果を生み、希望に満ちた将来を提示し、お互いの理解を深めることで、よいスタートとなった」とし「今回の訪問が今後、大きな影響を及ぼすだろう」と述べた。続いて「中国に朴大統領の熱烈なファンが多く、テレビで連日、朴大統領のニュースを伝えている。特に女性と若者に深い印象を与えている」とし「朴大統領と緊密に協力し、在任期間中に韓中関係が新しい段階に進めるようにしよう」と話した。

これに対し、朴大統領も「韓半島と北東アジアの平和・安定に良い未来を作り出せることを希望する」と共感を表した。

朴大統領が「安重根(アン・ジュングン)義士は韓中両国民が尊敬する歴史的な人物であるだけに、ハルビン駅の義挙現場に記念碑を設置することと、過去の歴史関連の中国の政府記録保存所記録の閲覧に協力してほしい」と述べると、習主席は「関連機関によく検討するよう指示する」と答えた。

朴大統領は午後、中国政治序列2位の李克強首相、3位の張徳江・全国人民代表大会(全人代)常務委員長と相次いで会談した。朴大統領は一日に中国の実力者3人に会った。

朴大統領は釣魚台で李克強首相と一緒に夕食を取りながら、韓中戦略的協力パートナー関係をさらに充実させ、計画を着実に履行するという意見で一致した。これに先立ち、朴大統領は人民大会堂で張徳江常務委員長と会い、韓中関係発展案と韓半島問題について議論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP