주요 기사 바로가기

<韓中首脳会談>中国側、朴槿恵大統領を破格の扱いで歓待

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.28 13:12
0
27日午後7時(中国時間)、北京人民大会堂の晩さん会場である“金色大庁”。朴槿恵(パク・クネ)大統領の耳慣れた韓国語の歌が鳴り響いた。昨年の大統領選挙時、朴大統領の選挙ロゴソングだった歌手ヘバラギ(ひまわり)の『あなたは私に幸せをくれる人』だった。朴大統領がヘッドホンをつけてこの歌を歌った動画はYouTube(ユーチューブ)で話題にもなった。

行事が終わる頃には韓国語を専攻している中国の学生たちが出てきて洪蘭坡(ホン・ナンパ)作曲の“故郷の春”を合唱した。朴大統領の母親である故・陸英修(ユク・ヨンス)女史が好きだった歌だという。金杏(キム・ヘン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は「中国側が朴大統領について事前に細かく把握して文化公演を準備した」と話した。

朴大統領は晩さん会場で、訪米の時に続いて再び“韓服ファッション”を披露した。上下とも黄金色で結びひもは緑色、袖のすそは刺しゅうで装飾され、襟に金箔をあしらった韓服だった。青瓦台関係者は「朴大統領が、中国人の好む黄金色の韓服を自ら選んだ」と耳打ちした。

中国は、朴大統領が習近平国家主席と首脳会談をする時の座席配置までオーダーメード式に用意した。中国では両国首脳が並んで座って対話をするのが慣例だが、今回は朴大統領と習近平主席がテーブルを間に置いて向き合った。習主席の“老朋友(長年の友人)”として朴大統領を優遇したのだ。

この日、朴大統領を迎えた中国の儀式は破格の連続だった。晩さん行事場所である“金色大庁”は人民大会堂宴会場の中で規模が最も大きく豪華な場所だ。晩さんには双方がそれぞれ70~80人ずつ総勢150人が出席した。

これに先立って中国政府は、習主席が参加した中で午後3時30分から15分間、天安門広場の近くの人民大会堂の東門前広場で朴大統領一行に対する公式歓迎式を行った。場所が東門前だった理由は、中国が伝統的に外賓を東側で迎えたためだ。朴大統領は黄金色に近い黄色の上着とグレーのパンツ姿で、習主席と共にレッドカーペットの上で中国儀仗隊を査閲した。朴大統領は入国する時は白い上着を着ていたが“赤い生地の上の黄色い柄”を尊ぶ中国伝統にこたえるために上着を着替えた。

朴大統領がこの日午前11時15分に北京首都空港に到着して中国に足を踏み出す時、出迎えにきた人々も普段より一層格が高かった。中国側からは長官級の張業遂・筆頭外務次官、張シン森・在韓中国大使らが出てきた。中国では外国首脳が国賓訪問すれば該当地域を掌握する次官級が迎えに出るのが普通だ。次官中の序列で最も上の筆頭外務次官が出てきたのが異例的だということだ。朴大統領はタラップから降りた直後、小学生のリ・チュンリュン君(9)が中国語で「大統領様の訪問を歓迎します」と挨拶をして手渡した花束を受け取り、リ君に明るく笑って「うれしいです」と返した。

朴大統領が国賓級宿舎の釣魚台へ向かう時、中国政府は防弾機能を強化して特殊製作した中国産の官用車“紅旗”を提供した。紅旗は2009年、中国建国60周年記念の閲兵式の時に当時の胡錦濤主席が乗っており、中国人にとっては“自負心の車”にも通じる。朴大統領一行が20分ほど宿舎に移動する間、道路は全面規制された。尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は「(中国が)1等級以上の最高等級の警護をし、儀式でも儀仗旗が通常は4本なのに6本だった」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓中首脳会談>中国側、朴槿恵大統領を破格の扱いで歓待

    2013.06.28 13:12
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領と中国の習近平国家主席が27日午後、北京人民大会堂東大庁で単独首脳会談に続き拡大首脳会談を行っている。
    TOP