주요 기사 바로가기

韓国政府「青瓦台・報道機関などにハッキング被害」…サイバー危機警報

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.25 13:59
0
国際ハッカー集団アノニマスが北朝鮮に対する大々的なサイバー攻撃を予告した25日午前、韓国の一部サイトが北朝鮮または北朝鮮追従勢力によってハッキングされた。

25日午前9時30分ごろ、青瓦台(チョンワデ、大統領府)と国務調整室、国務総理秘書室のホームページがハッキングされ、運営が一時中断された。当時、青瓦台のホームページ(president.go.kr)に接続すれば、「偉大な金正恩(キム・ジョンウン)首領」などのメッセージが画面の上段に赤い字で表れた。現在、青瓦台ホームページは作動が中断された中、初期画面に「システム緊急点検のため一時的に運営が中断されています」と表示されている。

また、毎日(メイル)新聞や大邱日報など大邱地域の新聞社の記事作成送稿システムも25日午前から接続が不可能になっている。朝鮮日報のホームページも一時、サイト接続が中断された。

韓国政府は午前10時45分、サイバー危機「関心」警報を発令すると明らかにした。サイバー危機警報の段階は正常・関心・注意・警戒・深刻の順。現在、政府合同調査チームは被害機関を対象に原因を調査中で、被害拡散防止レベルで報道機関にセキュリティー強化を呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP