주요 기사 바로가기

<サッカー>洪明甫監督、まずは2015アジアカップまで

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.25 08:50
0
「これから大韓民国サッカーが変化と革新で第2の跳躍を始められるように、私の全てのものを注ぎ込む」。短いが強烈な、韓国サッカー代表チームの洪明甫(ホン・ミョンボ、44)新任監督の最初の約束だ。

洪監督が24日午後、仁川(インチョン)空港から帰国した。同日午前、韓国サッカー協会は洪監督に代表チームの指揮を2015年豪州アジアカップまで任せると発表した。任期は2年だがワールドカップ(W杯)までは1年しか残っていない。洪監督は、来月20日に開幕する東アジアカップを始め2014年ブラジルW杯本大会に向けた長い道のりを歩き出す。W杯本大会での成果が良い場合は契約期間を2018年W杯まで延長する展望だ。滞在していた米国から帰国した洪監督は「至らない私が大韓民国の代表チーム指令塔になることになって感謝しているし、光栄だ。難しい時期に監督を引き受けることになり使命感を感じている」と話した。コーチングスタッフとして2012ロンドンオリンピックを共にしたキム・テヨン、パク・コナ両コーチ、キム・ボンスゴールキーパーコーチ、池田誠剛フィジカルコーチを再び呼ぶ可能性が高い。

仁川空港入国場で、洪監督の周辺には数十人の取材陣やファンたちが集まり大混雑となった。インタビューを終えて立ち去ろうとしたところ人波に押されて洪監督の靴が脱げるハプニングもあった。この日、朴智星(パク・チソン、32、クイーンズ・パーク・レインジャーズ)も前日中国の上海で開かれた慈善試合を終えて仁川空港に帰国した。朴智星は最近大きくなっている代表チーム復帰論について「洪監督が説得しても心は変わらないだろう」と話したことがある。そのため、ひょっとして2人が会わないだろうかと期待を集めたが不発に終わった。

洪監督は25日午後、坡州(パジュ)代表チームトレーニングセンターで就任記者会見をする。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>洪明甫監督、まずは2015アジアカップまで

    2013.06.25 08:50
    뉴스 메뉴 보기
    洪明甫(ホン・ミョンボ)監督が24日仁川(インチョン)空港で、決然とした表情で代表チームの指令塔になった所感を明らかにしている。
    TOP