주요 기사 바로가기

韓国検察、サッカー選手の鄭大世を国家保安法違反容疑で調査

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.06.21 13:16
0
“人民ルーニー”鄭大世(チョン・テセ、29、水原)が国家保安法違反容疑で検察の調査を受ける。

水源地検は20日、「国家保安法違反容疑で韓国インターネットメディア協会が提出した告発状を14日に受け、公安部が捜査に着手した」と明らかにした。

北朝鮮代表のFWとして活躍する鄭大世は、かつて海外メディアのインタビューなでで、「金正日(キム・ジョンイル)を尊敬し、彼を支持する」「私の祖国は北朝鮮」などの発言をした。

これと関連し、韓国インターネットメディア協会(会長ビョン・ヒジェ)は「鄭大世の発言は国家保安法上、北に対する称賛に該当する」と主張している。

鄭大世は愛知県出身の在日同胞3世で、慶尚北道義城出身の祖父の影響で韓国国籍が与えられた。しかし在外国民登録をせず、実質的にはほとんどの在日同胞と同じように朝鮮(解放前の朝鮮を意味)人のアイデンティティーを持って生きてきた。

成長過程では在日朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が運営する「民族学校」で主体思想に立脚した教育を受けた。韓国国籍の鄭大世が08年、北朝鮮サッカー協会の話を受け、北朝鮮代表に合流した理由もここにあった。

鄭大世が国家保安法違反をめぐる論争に巻き込まれたことに関し、所属チームの水原サムスンとマネジメント会社は具体的な対応を避けて沈黙している。球団事情に詳しいある関係者は「積極的に対応すること自体が今回の件をさらに増幅させる副作用をもたらすおそれがあるという判断を下したようだ」と説明した。

クァク・ギュンヨル弁護士は「国家保安法は韓国人と外国人を区別せず適用可能なだけに、鄭大世の韓国国籍所有は問題にならない」とし「判断の核心は、鄭大世の発言がわが国にいかなる形であれ否定的な影響を及ぼしたかどうかだ。同じ脈絡で鄭大世が処罰を受ける可能性は高くないとみられる」と説明した。

一方、今回のハプニングと関連し、鄭大世がいかなる形であれ不利益を受ける場合、「政治がスポーツに介入した不当事例」として外部に映る可能性もある。朴種佑(パク・ジョンウ、24、釜山)の独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンスハプニングからも分かるように、国際サッカー連盟(FIFA)は徹底的に政治中立主義を強調し、選手の政治的な意思表現も禁止している。FIFAが今後、「鄭大世が政治論理に基づいて被害を受けた」と判断する場合、ワールドカップ(W杯)など国際舞台で韓国サッカーが不利益を受ける可能性もあるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国検察、サッカー選手の鄭大世を国家保安法違反容疑で調査

    2013.06.21 13:16
    뉴스 메뉴 보기
    鄭大世(チョン・テセ、29、水原)
    TOP