주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>洪明甫、韓国代表チーム監督を固辞…監督選任が難航

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.21 10:43
0
サッカー韓国代表チームの新監督として有力視されていた洪明甫(ホン・ミョンボ、43)元五輪代表チーム監督が、就任拒否の意向を大韓サッカー協会に伝えた。

サッカー協会の高位関係者は20日「洪監督が代表チームの監督職を固辞している」と明らかにした。洪監督が最後まで代表チーム監督職を拒否するならば、協会の新監督の選任作業も再び最初から始めなければならない。

協会は19日、代表チームをブラジルワールドカップ(W杯)本大会に導いたチェ・ガンヒ監督の辞任を受け入れた。そして直ちに技術委員会を開いて次期監督の選任作業に入った。会議の結果、協会は4人の候補者を定めた。そのうちの1人が洪明甫監督だった。サッカー協会のホ・ジョンム副会長は「韓国内の指導者の中では洪明甫監督が最も有力だ」として洪明甫監督の選任を暗示する発言をした。

この発言により洪明甫監督の代表チーム監督就任は既定事実と受け入れられた。だが洪明甫監督は依然として代表チーム監督職に拒否感を感じている。彼が協会発表後も監督職に対する拒絶の意思を明らかにしたのを見れば分かる。

洪明甫監督が固辞している理由は知らされなかった。ただし、W杯までの準備期間が1年も残っていない状況で監督を引き受けることに負担を感じると見られている。その上、洪明甫監督は長期計画をたてて代表チームを運営することを望んでいる。昨年のロンドン五輪での銅メダルの快挙も2009年からたてた洪明甫監督の長期計画の結果だった。

現在、洪明甫監督は米国に滞在中であることが分かった。22日に帰国する予定だが彼の監督職の固辞により帰国日程が先送りになる可能性もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>洪明甫、韓国代表チーム監督を固辞…監督選任が難航

    2013.06.21 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    洪明甫(ホン・ミョンボ)元五輪代表チーム監督。(写真=日刊スポーツ)
    TOP