주요 기사 바로가기

退屈な世の中の投影なのか…韓国でも人気の日本漫画『進撃の巨人』(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.19 13:51
0
『進撃の巨人』熱風が尋常でない。漫画・放送・SNSなど分け隔てなくだ。その出所は同名の日本漫画(原作:諫山創)である。人を捕食する巨人を相手にした人類の死闘を描いている。韓国と日本ではシンドロームに近い風を起こしている。同じコンテンツが両国で同時に反応しているのは非常に異例なことだ。

原作漫画は2009年から月刊漫画雑誌『別冊少年マガジン』(講談社)で連載されている。単行本は10巻まで出た。4月初めにテレビアニメ(荒木哲郎監督)で放映されて人気が急上昇した。アニメーション放映後に750万部がさらに売れて、今月初めまでの累積販売部数が2000万部を超えた。電子ブック販売順位も1位から10位までを席巻するほどだ。来年の封切り予定で実写版映画も制作される。

韓国での人気もこれに劣らない。2011年に国内に正式翻訳本として出版された『進撃の巨人』(鶴山文化社)はこれまでに35万部以上売れた。漫画として珍しく教保(キョボ)文庫の週間総合ベストセラー4位にも上がった。鶴山文化社のファン・ジョンアチーム長は「ワイン熱風を呼び起こした『神の雫』を凌駕する販売を見せている」と話した。

アニメーションも日本とほぼ同じ時期に始まった。韓国内での版権を持つアニメプラスは最初は日本(毎週日曜日の午前2時放映)と3日間の時差を置いて放映してきた。だが待ち遠しいというファンのために2週間前から日曜日の夜に放映時間を操り上げた。

アニメプラスのヒョン・ミンウ理事は「有料VODダウンロード数が、ほかのコンテンツよりも7倍ぐらい多い」として「韓日同時放映のアニメーションを数年間手がけてきたが、これほど人気が沸騰した作品は初めて」といった。

『進撃の巨人』は27歳の新人作家のデビュー作だ。身長15メートル前後の巨人が人間を捕って食べる。頭や腕、脚が切られても死なずに即座に再生する。巨人は、人間が積み上げた50メートル高さの三重防御の壁を順に破壊しながら、人類を絶滅の危機へと追い詰める。人類はエリート軍人を前面に立たせて巨人に対抗するが、絶えることなく現れる巨人たちを前にしてはお手上げ状態だ。
退屈な世の中の投影なのか…韓国でも人気の日本漫画『進撃の巨人』(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP