주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>“安定的リーダーシップ”洪明甫氏、次期韓国代表が有力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.19 09:50
0
サッカー韓国代表のワールドカップ(W杯)本大会進出が決まった中、今後の韓国代表を率いる指揮官には洪明甫(ホン・ミョンボ)前五輪代表監督が有力視されている。

チェ・ガンヒ監督は当初から「予選まで韓国代表を率いる」と宣言していたため、現在、数人の候補が挙がっている。特に昨年ロンドンオリンピック(五輪)で銅メダルを獲得した洪明甫前監督が最も有力な候補と見なされている。

洪明甫前監督は09年9月のU-20(20歳以下)W杯からユース代表チームを指揮してベスト8に導き、具滋哲(ク・ジャチョル)、金甫ギョン(キム・ボギョン)ら若手選手を発掘した。また2010広州アジア競技大会の銅メダル、2012ロンドン五輪の銅メダルなど、国際舞台で指導力が検証されている。

外国人の候補もいるが、洪明甫前監督が就任すれば、指令塔交代による試行錯誤を減らせる。奇誠庸(キ・ソンヨン、スウォンジーシティ)、朴種佑(パク・ジョンウ、釜山)、金甫ギョン(カーディフシティ)らがすでに五輪代表チームで洪明甫前監督と一緒にしている。このため現在不安定な韓国代表チームを来年のW杯本大会で安定的に指揮できる適任者と考えられている。

一部では洪明甫前監督が新しい指令塔に内定したという観測が出ているが、協会はこれを否定している。協会関係者は「次期監督の候補の一人として検討されているだけで、確定したわけではない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>“安定的リーダーシップ”洪明甫氏、次期韓国代表が有力

    2013.06.19 09:50
    뉴스 메뉴 보기
    洪明甫(ホン・ミョンボ)氏(写真=中央フォト)。
    TOP