주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>“余裕+悲壮”のイラン「韓国、アジアカップ2-6惨敗を忘れるな」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.06.17 14:27
0
イランサッカー代表の練習場は余裕と悲壮感が共存していた。

16日、イラン代表の練習場、蔚山(ウルサン)江東球場を訪れた。 イランはこの日午前11時に予定されていた練習を午後6時に突然変更した。 前日、江東球場の隣でKリーグクラシック蔚山2軍と蔚山大の練習試合があった。 イランのケイロス監督は大韓サッカー協会に「韓国プロチームを通して私たちの情報が漏れるおそれがある」とし、練習時間の変更を要求した。

蔚山北側の海岸にある江東球場は四方が山と海に囲まれ、あたかも要塞のようだ。しかしイランは韓国のように徹底的に非公開とする態度を見せなかった。 韓国取材陣の要請に快く中心選手のアンドラニク・テイムリアン(30、トラクトルサジ)とマスード・ショジャエイ(29、オサスナ)がインタビューに応じた。 親切にも韓国語通訳が可能なイラン人コーディネーターも付けた。 イランはランニングとボールの奪い合いなど体をほぐす姿だけ20分間ほど公開した後、丁寧に韓国取材陣に撤収を要請した。

イラン選手は韓国の取材陣を意識せず、大きな声を出しながら楽しく練習に取り組んだ。 しかしA組2位のイラン(勝ち点13)は韓国(勝ち点14)を破ってこそ本大会行きを決められるだけに、悲壮感もあった。 3位のウズベキスタン(勝ち点12)は、すでに脱落が決まったカタールと対戦する。

「イランは4年前、韓国と引き分けて2010年南アフリカワールドカップ(W杯)本大会が挫折したのでは」という質問に対し、テイムリアンは「イランは06年アジアカップ8強戦で韓国に6-2で勝った。 しかし過去は過去だ。 私たちは未来を準備する」と述べた。「韓国は最終予選の6失点のうちセットピースで4失点している。 どのように攻略する考えか」という質問に対しては、「競技場で見せる」と言葉を控えた。 昨年10月の韓国との最終予選第4戦で退場となった。ショジャエイは「韓国戦で2得点した。 今回必ず3点目のゴールを狙う」と誓った。

一方、江東球場から約20分の距離にある蔚山現代ホテルに宿泊中のイランは自国出身の料理人を帯同し、食事に気を配っている。 前日、江東球場の芝に不満を表したことを除いては練習に没頭している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP