주요 기사 바로가기

韓銀総裁「遠からず量的緩和縮小…金利上昇」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.15 07:56
0
金仲秀(キム・ジュンス)韓国銀行(韓銀)総裁が先進国の量的緩和縮小への着手は遠くないと明らかにした。また、金総裁は量的緩和が終わる過程で金利が上昇すると予想した。

金総裁は14日、韓銀創立63周年記念演説で、「遠からず量的緩和の終了と出口戦略に関する議論が先進経済で本格的に台頭するとみられる」と述べた。市場では米国が早ければ年内にも量的緩和の縮小を始めるだろうという見方が出ているが、金総裁など韓国の経済政策首脳部がこうした見方を示したのは初めて。

金総裁は「(量的緩和から抜け出す)正常化過程の手続きは金利の上昇を伴うはずであり、国際金利上昇のリスクに直面する可能性を排除できない」と述べた。続いて「保有債券の評価損失で金融界に負担が増える点にも関心を持たなければならない」と話した。

金総裁の発言は、量的緩和の縮小・終了が金利上昇、債券価格の下落を通じて、韓国の金融機関の資産評価損失につながるということだ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP