주요 기사 바로가기

韓国社会に高齢化の悲劇…老人間の虐待が増加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.12 10:07
0
全南道(チョンナムド)に住むキムさんは今年で103歳だ。身動きが不便で他人の助けなしには生活も難しい。キムさんは嫁と一緒に暮らしているがその嫁も66歳だ。嫁は姑のための食事をちゃんと用意せず、おむつもあまり交換しない。たびたび「早く死ね」といった暴言を吐いて姑を虐待する。在宅サービスに来る療養保護士が見るに耐えかねて申告し、キムさんは老人療養施設に入った。

痴呆症患者のイさん〔66、忠北道(チュンブクド)居住〕は夫(73)からいつもひどい悪口を浴びせられて暴行を受ける。このような虐待を受けて久しい。次女が一緒に暮らしているが知的障害1級なので父親を止めることもできない。夫は家族を扶養しなければならないという責任感は強い方だが、痴呆症の妻にはあまりにもひどく接していた。療養保護士実習生がこれを申告し、イさんは長女の家に引っ越した。

今年、65歳以上の高齢者は約600万人だ。急速な高齢化で老人の人口が急増する中、両親や配偶者を虐待する高齢者がかなり増えている。老人による老人虐待、すなわち老-老虐待だ。保健福祉部が11日に公開した2012年老人虐待報告書を見ると、このような特徴が明確だ。福祉部のイム・ウルギ老人政策課長は「子供が60代に入り自分の身を立てるのが難しい状況で両親を介護するのも難しくなるとすぐに虐待へとつながっているようだ」と話した。福祉部は昨年、老人虐待疑い申告事例9340件のうち、現場調査によって3424件を虐待と判定した。

昨年、老人を虐待した人の中で60歳以上は1314人だ。2011年(1169人)より12.4%増加した。所得が低い老人が虐待したケースが多い。所得のない老人が266人、基礎受給者が263人、低所得層(本人応答の場合)が189人に達した。高所得層は26人に過ぎなかった。2011~2012年全体の老人虐待事例は特に変動がなかった。だが老人による老人虐待は増加した。

ひとり暮らしの老人が増えて、自身の世話をしない老人も増加している。食事をとらず体が悪くても治療を受けず、心身が危険な状態に陥る。自らを虐待するというものだ。このような老人のケースが2010年の196件から昨年は394件に増えた。痴呆症の患者が急増したために、虐待を受けた老人の22.8%が痴呆症患者や疑いのある患者だった。痴呆症などで行動が不便な老人たちは療養施設に入所する場合が多いが、こうした施設での虐待も2008年の55件から昨年は216件と毎年着実に増加している。福祉部は▲相談体制を強化▲老人施設の人権指針を補完▲老人の働き口を増やす--などして虐待動機を減らしていくことにした。また医師をはじめとする老人虐待の申告義務者が申告をしない場合は300万ウォン(約25万6000円)以下の過怠金を賦課する方案も推進している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP