주요 기사 바로가기

安貞桓「2002年W杯でのミスで移民考えた」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.06.09 10:59
0
元サッカー選手の安貞桓(アン・ジョンファン)が2002年のサッカー・ワールドカップでのイタリア戦当時の心境を告白した。

安貞桓は7日に放映されたSBS『ジャングルの法則イン・ヒマラヤ』で、2002年韓日ワールドカップでのイタリア戦でペナルティキックを失敗した時を振り返った。

安貞桓は、「走りながらいろいろ考えた 自分のせいで負ければどれだけ恨まれるか。移民に行かなければならないと思った。これに負けたら無条件で外国に逃げようと思った。ソル・ギヒョンがゴールを決めて同点になったときは自分がゴールを入れたよりもうれしかった。敗北から救った同点ゴールだった」と話した。

「当時勝利を予想したか」という質問には、「ずっと移民を考えていた。負けるかと思って。その時はわからず夜に改めて考えたが、イ・ヨンピョが上げ私が受けたが3人だけが見えた。その3人は映画に出てくるスロービデオのようだった。ジャンプしたが私がずっと高くに飛んでいる感じがした。合わせてすうっと入った。その次から正常に戻った。何も聞こえなかった。自分だけがいるようだった」と話した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安貞桓「2002年W杯でのミスで移民考えた」

    2013.06.09 10:59
    뉴스 메뉴 보기
    ペナルティキックのミスで移民も考えたという安貞桓。
    TOP