주요 기사 바로가기

韓国戦争に参戦した在日同胞のドキュメンタリー、KBSが放送

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.06.06 10:59
0
KBS(韓国放送公社)第1テレビの番組『パノラマ』が韓国戦争(1950-53)に参戦した在日同胞を取材した。6日午後10時放送。

1950年に韓国戦争が始まると、在日同胞の青年は次々と戦争に志願した。青年が青春の代わりに選択したのは地獄のような戦場で、行ったこともない「父の国」だった。

徴用された父について3歳の時に日本に行ったイ・ソンウクさん。日本で鉄道学校を卒業したイさんは線路設計士として勤務中、韓国戦争の勃発を知って参戦を決心した。結婚9年目のイさんは妻と子どもを残し、記憶にもない祖国の戦場を選択した。

50年9月、在日同胞の青年は玄海灘を渡り、仁川(インチョン)に上陸した。日本の米軍基地でわずか3日間の訓練を受けて参戦した彼らにとって戦場は地獄そのものだった。

さらに韓国語にも慣れていなかった。「後退しろというのも分からず、前に突撃した。そのように犠牲にならなくてもよかったが…」。奇跡的に生き残った青年には、戦争よりも過酷な運命が待っていたというが…。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国戦争に参戦した在日同胞のドキュメンタリー、KBSが放送

    2013.06.06 10:59
    뉴스 메뉴 보기
    韓国戦争に参戦した在日同胞をKBSが追った。
    TOP