주요 기사 바로가기

原発2基、再稼働に4カ月以上…「6月以降は電力難」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.29 11:38
0
28日午後2時、政府果川庁舎。緊急記者会見を行った産業通商資源部の韓珍鉉(ハン・ジンヒョン)第2次官は険しい表情で口を開いた。「原子力発電の稼働中断でこの夏は類例のない電力難が予想されます。国民にお詫びします」。そして頭を下げた。この日の記者会見は、試験成績書が偽造された部品を使用した新古里(シンゴリ)2号機と新月城(シンウォルソン)1号機の稼働中断について説明する場だった。

早くも訪れた暑さのため電力需給問題が浮上している中、稼働が中断される原発が増え、“電力大乱”の懸念が強まっている。産業部によると、前日まで全国の原発23基のうち新古里1号機をはじめ、古里1・2号機、ハンビッ(旧霊光)3号機、月城1・2号機、ハンウル(旧蔚珍)4・5号機の8基が停止中だった。さらに、この日稼働を停止した新古里2号機、新月城1号機まで加わり、稼働が停止した原発は10基に増えた。来月8日には月城3号機が整備のために追加で稼働を中断する。夏季を控え、原発全体設備容量2071万キロワットのうち841万キロワットが消えるということだ。

産業部は当初、この夏の電力供給能力を約8000万キロワットで予測していた。しかし今回の措置で電力供給能力は7700万キロワットに減り、シナリオに問題が生じた。この夏の電力最大需要は7900万キロワットと予想され、結局、200万キロワットの電力需給空白が生じることになった。

産業部は当初、新古里2号機は今月31日から7月22まで、新月城1号機は来月12日から8月3日まで予防整備に入る計画だった。電力需要は8月にピークを迎えるだけに、その前に原発の整備を終えようとした。しかし問題の部品を使用したことが明らかになり、これら原発はこの日から稼働が中断した。部品の検証などが必要で、整備期間も4カ月以上かかる見込みだ。

問題は夏を過ぎても原発の正常再稼働が難しいという点だ。当初8月末に正常稼働する予定だった新古里1号機は、部品交換のために整備期間が延長された。設計寿命が満了した月城1号機、原子炉制御棒案内管に亀裂が生じた霊光3号機、蒸気発生器を交換中の蔚珍4号機は、この夏も稼働が不透明だ。産業部の関係者は「このように原発が一斉に稼働中断することは予想していなかった」とし「6月以降は常に非常状況が発令される可能性があり、猛暑が予想される8月が問題だ」と述べた。
原発2基、再稼働に4カ月以上…「6月以降は電力難」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    原発2基、再稼働に4カ月以上…「6月以降は電力難」(1)

    2013.05.29 11:38
    뉴스 메뉴 보기
    新月城(シンウォルソン)1号機
    TOP