주요 기사 바로가기

北朝鮮、6カ国協議復帰発言を報道せず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.27 10:53
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の特使として訪中した崔竜海(チェ・ヨンヘ)人民軍総政治局長が24日、中国の習近平国家主席と会談したと、北朝鮮メディアは25日、大々的に報じた。しかし習主席が韓半島非核化の必要性を強調し、崔局長が6カ国協議復帰を示唆したことには全く触れなかった。

朝鮮中央通信と労働新聞は、崔総政治局長が「伝統的な朝中親善を継承し、しっかりと発展させていかなければならない」という金第1書記の親書を習主席に伝えたと報じた。続いて「これに対し習主席は謝意を表し、『中国の党と政府は戦略的かつ長期的な見地で中朝親善関係を発展させることを重視している』とし、始終一貫して朝鮮式社会主義の強盛国家建設を支持すると述べた」と伝えた。

しかし北朝鮮メディアは、習主席が「韓半島の非核化は誰もが望むことであり大勢の流れ」とし「関係国が6カ国協議を進展させ、韓半島の非核化を実現し、韓半島と北東アジアの持続的な平和・安定のために努力していかなければならない」と強調した事実には一切言及しなかった。

また崔総政治局長が習主席に「6カ国協議などのさまざまな形式の対話・交渉を通じて、関連問題を解決できるよう各国と共同で努力する」と述べたことも伝えなかった。

一方、新華社通信など中国メディアは、習主席が韓半島非核化の必要性に言及した後、崔総政治局長が「北朝鮮は中国の建議を受け入れ、各国と対話をすることを希望する」と述べた事実を集中的に報道した。

外交関係者の間では、「北が中国の圧力のために対話局面で背を向けることになった現実をそのまま伝えること負担を感じたのだろう」という見方が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP