주요 기사 바로가기

日本製紙おむつ、吸収力優秀も価格は高い…韓国消費者院が比較(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.23 14:56
0
有名海外ブランドの値段が高い紙おむつが、安い製品よりも吸収力が落ちることが分かった。

韓国消費者院は22日、「使い捨て紙おむつ17種類の価格と性能を分析した結果、オボソプレミアム、ポソミ天然コットン、メリーズ製品の吸収力が優れていた」と発表した。グーン、パンパース、ハギーズ、マミーポコなど海外有名ブランドの紙おむつの場合、価格に比べて性能が落ちることが分かった。

紙おむつ17種類は、消費者が最もよく購入し、長く使用するテープ止めタイプの男女共用製品(大サイズ)を売上高順に選定した。

紙おむつの核心機能の吸収力は人工尿を利用して▽尿80ミリリットル(1回最大尿量)ずつ2回した時、その度に紙おむつから染み出てお尻につく尿の量▽尿25ミリリットル(海外試験基準)をした直後に紙おむつに吸収される程度▽尿80ミリリットルをした時に紙おむつがこれを完全に吸収するのにかかる時間▽紙おむつが最大限に吸収できる尿の量▽紙おむつから尿が漏れる程度--の5項目で詳しく評価した。吸収性能が良くなければ、尿が漏れたりあふれたりして赤ちゃんの肌に尿がつく時間が長くなり、発疹する可能性が高い。

吸収力が最も優れた製品は日本ブランドのメリーズだった。お尻につく程度、瞬間吸収率、吸収時間などすべての項目で圧倒的に優れていた。触感も高い評価を受けた。しかし価格(331ウォン)が2番目に高いうえ、最も厚くて重かった。メリーズは最も薄いオボソプレミアム(4.6ミリ)より2.2ミリも厚く、重さもパンパースドライ(27.5グラム)より16グラム以上重い。

韓国ブランドのオボソプレミアムとポソミ天然コットンは価格に比べて性能が優れていた。項目全体で高い評価を受け、1枚当たりの価格もそれぞれ224ウォン(約21円)、239ウォンと、平均(265ウォン)を下回った。ポソミ天然コットンは触感が良いという評価も受けた。

尿を一度した時にお尻に染み出る程度は17種類とも似ていた。しかし2度目の尿の後は最低0.1グラム(メリーズ、パンパースクルーザー)から最高10.0グラム(ニューママン)まで大きな差が出た。
日本製紙おむつ、吸収力優秀も価格は高い…韓国消費者䂉が比較(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP