주요 기사 바로가기

日本が開発援助工事を独占、韓中企業の参入を封鎖

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.22 08:39
0
援助を「受ける国」から「与える国」になった韓国が日本のように政府開発援助(ODA)を前面に出しメコン市場の攻略に乗り出すと、日本はこれを封鎖しようとしている。日本のODA資金を投じる事業に技術障壁などを設けて韓国や中国の企業の進入を防ぐケースが増えている。ベトナムのビンズン省で下水処理場を作っているコーロン建設のキム・ギヨン副所長は、「国際協力機構(JICA)が2億ドルを出した工事だが、われわれが800万ドル相当を受注した。少し前にはハノイの下水処理場も受注しており、JICA側から『また、コーロンか』という声が出たという」と話した。彼は「日本側がダンピング受注する韓国の建設会社に発注を与えないようにしようと言ったという噂が広まっている」とした。

エンジニアリング会社の健化(コンファ)のクァク・ビョンウ副社長は、「日本の設計、材料を使うよう釘を刺す場合が増加している。日本工業規格(JIS)認証を要求したりもする」と話した。これを通じ核心的な工事、高付加価値事業は日本企業が引き受ける。空港・下水処理場のように恩を着せられお金にもなるものなどだ。タサンコンサルティングのイ・ヨンジン専務は、「ベトナム企業とコンソーシアムを構成して日本の封鎖戦略を突破できるよう攻略法が必要だ。ベトナム政府が韓国企業を好むという点を十分に活用しなければならない」と話した。

日本のメコン進出戦略は「金融を前面に出すもの」だった。世界2位のODA資金が先導した。日本政府が該の当国のインフラ拡充工事にODA資金を支援すればこれを日本企業が受注する形だ。昨年日本のODAは185億5100万ドル。韓国の15億5000万ドルの10倍を超える。輸出入銀行チーム長のホン・ソンフン氏は、「日本は数十年にわたりODAと貿易金融、官民合同で巨額の資金を支援しながら東南アジアで立地を広げていった」と話した。すでに日本は投資の果実を収穫する段階だ。日系銀行による東南アジアの貿易金融市場シェアは2011年の13%から昨年は53%に大きく上がった。金融業界によると昨年の東南アジアの貿易金融利益222億ドルの半分を日系銀行が占めた。

KOTRAベトナム館のホ・ビョンヒ館長は、「ODAでは限界がある。韓国も民間金融会社が出なければならない。ODAと開発金融、2つの窓口を通じて韓国企業の進出を支援する戦略が至急だ」と話した。彼は「ベトナムのテレビで韓国ドラマが放映されない時間はないほど。韓流の良いイメージを最大限活用する戦略が必要だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP