주요 기사 바로가기

韓国・日本、高齢化対策はOECD最下位

ⓒ 中央日報日本語版2013.05.21 10:55
0
高齢化問題に対応する韓国の政策レベルが経済協力開発機構(OECD)主要国で最も低いことが調査で分かった。

保健福祉部の依頼で韓国保健社会研究院が作成した報告書「人口高齢化による経済的影響分析および高齢化対応指数開発」によると、OECDのデータ比較が可能な22加盟国の07-09年平均高齢化対応指数を比較した結果、韓国は27.4で最下位だった。

アイルランド・デンマーク・オランダ・ノルウェー・スウェーデンが高齢化対策模範国1-5位となった。隣国の日本は21位で、韓国よりは一つ高かったが、同じく最下位圏だった。

高齢化対応指数とは、所得(公的年金支出、高齢者貧困率)、健康(公共医療支出、65歳期待寿命)、雇用(積極的労働市場プログラム、中高齢者雇用率)、社会的支援(高齢者サービス支出、高齢者自殺率)、持続可能性(出生率、国民負担率、政府負債)の5領域・10細部基準に加重値を設けて合算した結果。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP