주요 기사 바로가기

【社説】5・18光州民主化運動への根拠のないわい曲を糾弾する

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.20 17:08
0
光州(クァンジュ)民主化運動、いわゆる光州事件33周年に際し、根拠のない北朝鮮介入説が流布している。身分が不明確ないくつかの北脱出者の主張が、選り分られないまま一部の放送とインターネットで伝播した結果だ。内容はすなわち、光州民主化運動が北朝鮮特殊部隊のけしかけと介入にともなう暴動というものだ。5・18当時、600人規模の北朝鮮軍特殊部隊1個大隊が浸透して全南(チョンナム)道庁を掌握し、これを戒厳軍が鎮圧する過程で多数の死傷者が出たという主張だ。これがインターネット掲示板やコメントなどを通して急速に広がりながら脚色に脚色を重ねている様相だ。

もともと光州に北朝鮮軍が浸透して暴動を起こしたという主張は当時クーデターで権力をにぎった新軍部の自己防御論理であった。実際に北朝鮮軍が扇動したとか、デモに介入したという証拠があるならば新軍部が黙っているだろうか。当時戒厳司令官として鎮圧作戦を主導したイ・ヒソンも後ほど北朝鮮軍介入説が誇張されていたと認めたことがある。また、2007年の国防部過去の歴史真相究明委員会は新軍部がこの光州事件を不純分子や北朝鮮の定着スパイによる計画的な狼藉として歪曲したと指摘した。今、北朝鮮介入説を提起するのは33年前に新軍部が試みた世論操作を、この広く明るい世の中に繰り返そうとしているわけだ。

歳月が流れて民主化が進行しつつ光州事件の真相と事実関係についてはすでに整理作業が行われた。当時の犠牲をいしずえに私たちが民主主義を成し遂げたということは国民誰もが共感している。そんなところに突然「北朝鮮軍が介入した」というデマをまき散らすのは、犠牲者と遺族たちを侮辱する人倫に背く行為だ。民主化運動の精神を根こそぎ否定する反民主的な挑発行為でもある。

根拠のないデマや怪談は、過去にもたびたび流布して国論を分裂させたりした。哨戒艦「天安(チョナン)」爆沈事件が北朝鮮の仕業でないとか、米国産牛肉を食べれば狂牛病にかかるといった奇怪な主張がそうだった。今回大きくなった光州民主化運動についての北朝鮮介入説も同じだ。それだけではない。この頃インターネットでは光州民主化運動自体を蔑視してばかにする文なども飛び回っている。さらに光州の犠牲者を口にしにくい表現で見下しているものもある。理念の左右を問わず極端扇動の水準がどれくらい浅はかなのかを見せる事例だ。こうした悪意の誹謗は民主主義体制で保障されている“表現の自由”から大きく外れる。自発的な浄化作用が起きない場合、制裁と防止のための対策準備に出なければならない時だ。

そうでなくても隣国の右翼政治家たちは、幼稚であきれた妄言を下水口のように吐き出している。韓国の内部にも彼らに劣らない妄言を日常行っている勢力があるということ自体が嘆かわしいことだ。私達が葛藤と亀裂を助長して何の利益があるというのか。彼らの陰謀に揺らがないようにするなら、やはり国民統合と地域和合のためにこつこつとまい進する道しかない。これは韓国政府だけでできることでない。政治家たちに任せることでもない。常識と理性を持った国民みなの役割だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP