주요 기사 바로가기

【中央時評】無秩序な身内、青瓦台=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.16 13:55
0
尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官主演の、総天然色低質映画が1週間上映中だ。米国で朴槿恵(パク・クネ)大統領がどんな韓服を着たのかも忘れてしまった。関心は、ひたすら尹氏が下着姿であったか、でなければ素っ裸だったのかに傾く。青瓦台の調査内容と尹氏の釈明を合わせると笑わせるようなシーンになる。裸の尹氏が、夜明けにホテルルームに訪ねてきた21歳の女性インターンの前でこう叱り飛ばす。「ここになぜ来たんだ?はやく行け」。

海外ロケをしたプロモーションビデオのように、上級英語の微妙な語感差も引き立って見える。「腰をトンと叩いた」のは、最初はタッチ(touch)だと思っていた。だが米国警察の書類を通じてgrab(ぎゅっとつかむ)やsnatch(飛びつく)、そしてgrope(まさぐる)という繊細な差まで会得した。身体部位もそうである。これまでhip(でん部)だけは知っていたが、buttock(お尻)という単語までは知らなかった。このような映画がシリーズで出てくれば、あえてTOEICを勉強する必要もない気がする。

私たち韓国社会は、この映画がどう展開するのかをすぐに察する。似たようなあらすじの国産映画があまりにも多かったからだ。尹氏は「私はそのような人間でない」「性的な意図はなかった」と言った。私たちの社会は正反対に認識する。「そんな人は知らない→金の行き来はなかった→意図や代価性はなかった」という積み重ね式の手法を駆使しながら刑務所に行った政治家たちを数多く見てきた。李南基(イ・ナムギ)青瓦台広報首席の「思い出せない」という表現も、強制帰国を意味する婉曲した反語法と違わない。これまでも「思い出せない」と言って持ちこたえた人物をうんざりするほど覚えている。

今はもう、青瓦台が国民を心配するより国民が青瓦台を心配するというおかしな構図になりつつある。尹氏は青瓦台に食い下がって人の足を引っ張る作戦を展開し、青瓦台は「ノーパンだった」という“19禁”陳述書まで流して生き埋めにする勢いだ。このような無秩序な身内を見守る観客の心はハラハラする。いつどこで第2、第3の尹昶重が飛び出してくるのではないかと胸がドキドキする。尹氏を20年以上見守ってきたマスコミは、彼を「いつか事故を起こす人物」と指摘していた。単に予想よりはやく、それも事故のスケールがあまりにも大きかったということに驚くだけだ。
【中央時評】無秩序な身内、青瓦台=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP