주요 기사 바로가기

最後の機会の地…韓日中の北極三国志(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.15 11:42
0
北極は世の果て、未知の地だ。各国が条約で平和に研究開発をしている南極とはまた違う。1994年の国連海洋法条約で隣接国の排他的経済水域(EEZ)を認めることにしたが沿岸国間の紛争で境界画定が遅れている。このような状況で北極評議会は国際影響力を持つ唯一の国際機関の役割をしている。

◇韓国のGDPの14倍の資源埋蔵

韓国は2008年に臨時オブザーバーの資格を得たが、情報アクセスに制限を受けており政策決定から排除されてきた。しかし永久オブザーバー資格を取得すれば北極プロジェクトの財政後援者、地域協力者として参加することができる。韓国極地研究所のナム・サンホン未来戦略室長は、「北極圏諸国の排他的な動きに対応して研究と資源開発強化のためにも北極評議会永久オブザーバーへの進出は必須」と話した。

北極圏は面積4000万平方キロメートルで、地球表面の8%、陸地面積の15%を占める。最近氷河が急速に溶けながら北極海に隣接する国々が目を向け始めた。2008年に米地質調査所(USGS)の調査の結果、世界の未発見石油とガスの4分の1(4120億バレル)が北極圏に分布しており、2兆4100億立方メートルのメタンガスをはじめ、“燃える氷”と呼ばれるガスハイドレートとニッケル、鉄鉱石、銅、ウラン、亜鉛、ダイヤモンドなどの資源が埋蔵されていると明らかになった。スケトウダラ、マダラ、サケ、ニシン、サバなどの水産資源も豊富で、北極海周辺のグリーンランド南部沿岸とベーリング海は世界の水産物の37%を生産する。韓国海洋研究院のキム・ウンソ博士は、「北極海に埋蔵されたエネルギー資源と水産資源の経済推定価値は約13兆6415億ドルで、韓国の国内総生産(GDP)の14倍に達する。資源が不足する国には機会の土地だ」と話した。

大西洋と太平洋をつなぐ北極海も魅力的だ。現在釜山(プサン)港~スエズ運河~オランダ・ロッテルダム航路を結ぶ航路は2万100キロメートルで24日かかるが、北極海を通じた北西航路を開拓する場合、釜山港~北極航路~ロッテルダム港間は1万2700キロメートル、14日に減る。海賊の危険もなく保険料負担も減らせる。

北極海航路研究センター長のチョン・テグォン氏は、「今後アジアと欧州を行き来するコンテナの70%が北極航路を利用する見通しだ。北極航路を通じた物流費節減の恩恵を受ける国だけでも韓日中3国を含め欧州諸国まで20カ国余りに達する」と話した。北極海が開かれる場合、砕氷船など造船産業と探査ボーリングと関連した海洋プラント産業の新たな中興期が開かれる可能性も高い。
最後の機会の地…韓日中の北極三国志(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    最後の機会の地…韓日中の北極三国志(1)

    2013.05.15 11:42
    뉴스 메뉴 보기
    韓国初の砕氷研究船「アラオン号」が1メートルの北極氷河を突き抜け極地探査を遂行している。60余りの最先端研究装備を備えたアラオン号にはヘリコプターも搭載されている(写真=極地研究所)。
    TOP