주요 기사 바로가기

【社説】731部隊まで動員した安倍首相の極右妄動

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.15 11:38
0
日本の保守右翼政治家が理性を失っている。安倍晋三首相から橋下徹日本維新の会共同代表(大阪市長)まで年齢と世代を問わず、軍国主義亡霊の復活のために狂奔している。ヒトラーの執権とともに侵略的ナチズムに走った過去のドイツの雰囲気を連想させる。日本の右傾化が東アジアの平和の最大脅威要因に浮上している。

安倍首相は12日、宮城県にある航空自衛隊基地を訪問し、「731」と書かれた訓練機の操縦席に座り、親指を立てながら写真を撮った。731は第2次世界大戦当時に人体実験を行った悪名高い日本軍部隊の名称だ。これを偶然の一致と見ることができるだろうか。支持層の結集を狙った計算された演出ではないのか。すぐに米国側から「信じがたい行為」という反応が出てきた。ワシントンの政治・外交情報誌「ネルソンリポート」は「ドイツ首相がナチス親衛隊の制服を着て現れるようなものだ」と直撃弾を飛ばした。

中国ハルビンの731部隊は日本帝国陸軍関東軍所属の秘密生物戦争研究・開発部隊で、韓国人・中国人・モンゴル人などを対象にあらゆる人体実験を実施し、約1万人を犠牲にした。さらには妊婦まで人体実験に動員した。これを知らないはずがない安倍首相が731という数字が書かれた飛行機に乗って得意満面のポーズをとったというのは、過去の過ちと犠牲者の痛みに対して全く反省と配慮がない挑発的な妄動だ。

次世代スター政治家の一人、橋下徹・日本維新の会共同代表(大阪市長)は13日、「軍の規律を維持するために慰安婦制度は必要だった」という妄言を吐いたのに続き、翌日には「今月初め沖縄駐留米海兵隊司令官に会い、『兵士の性的エネルギー解消のために風俗業を積極的に活用してもらいたい』と言った」と明らかにした。次期首相とまでいわれる日本の40代の政治家の言葉とは信じがたい。

安倍首相は70%を超える支持率を信じて暴走している。橋下代表は安倍首相と歩調を合わせて平和憲法の改正を推進している。安倍首相と橋下代表の日本がどこへ向かうのか非常に心配だ。政府と民間の覚醒と行動が必要な時だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP