주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の金持ちに必要な徳目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.05.14 15:32
0
お金で買えないものはあるだろうか。最近はお金の力が非常に強く、ほとんどすべてのものをお金で買うことができる。結婚はしたくないが赤ちゃんが欲しい場合は代理母を通じて生むことができる。米国では、1日に90ドル程度支払えば監獄でも快適で静かな刑務所生活を送ることができるという。

それではお金がたくさんあれば幸せだろうか? もう少し具体的に「たくさんのお金を子どもたちに譲れば彼らは幸せになれるのだろうか?」その答えは推測の通り「なれない」だ。銀行で富豪の顧客を専門的に担当するプライベートバンキング(PB)のマネージャーとして長く勤務した人が伝える事例を紹介しよう。顧客の中で何百億という財産を持つお年寄りがいた。子女はとくにこれといってしていることはなく、事業を起こしたりたたんだりしていた。事業を成功させるというよりは、いつ親から財産を譲ってもらえるだろうかということに気を使っているような雰囲気で、両親はいつも落ち着かなかったと言う。

お金と子女の良い循環関係は何だろう。お金は子女に必要な教育や訓練を充分に受けさせてやれるように“肥料”の役目をする程度にとどめなければならない。基本的な素養を育てることを疎かにして子女に財産だけを残せば、ややもすると不幸を譲ってしまうおそれがある。することもはっきりした目標もなく、両親から譲られた財産で歳月を過ごす子女の人生はきっと幸せではないはずだ。人生を充実して生きていくということは、財産の多い少ないではなく、自分が好きな事をしながら生きていくということだ。

書店に行けば、どのようにすれば金持ちになれるかについての本が多い。今にも金持ちになれそうなタイトルに目を取られて本を開いてみると、何種類もの財テクのノウハウを並べているというレベルだ。しかし富を成した人々が、手にしたお金を自分が住んでいる地域や社会のためにどのように使うかについての論議は不足している。大部分の西洋の金持ちは、自分が集めた富を社会に還元してこの世から去ることを当然のようにとらえている。それに比べてわが韓国では、子女にどのようにして富を譲るかについて関心がより集中している。

日増しに中産層が薄くなり、貧富の格差が加速していることは経済専門家の共通した判断だ。このまま行けば韓国社会が危機に陥るおそれがあるという心配も少なからずある。政府が疎外されている層や恵まれない人々のために積極的な福祉政策を展開しているが、政府の力だけで解決できる問題ではない。力が強くてお金のある人々がもっと社会的弱者に配慮する文化が普遍化されなければならない。そうしてこそ「お腹が空いている」のではなく「お腹が痛い」相対的貧困と挫折感を初めて乗り越えることができる。

巨額の寄付について話しているのではない。地域には、道路の路肩にトラックを止めて果物を売るような人々が少なくない。大型ショッピングセンターで買うよりも、量も少なく質も落ちるかもしれない。しかし時折、果物をいくつか買うだけで1日1日を限界ライン上で生きている人々に勇気を吹きこむことができる。富は神がくれた贈り物ともいう。金持ちになるということは、本人の努力と汗を土台に相当な幸運がともなわなければなれないという意味もあるだろう。その貴重な贈り物を家族といっしょに社会的弱者のために少しでも分けることによって、気持ちが軽くならないだろうか。

カン・ジョンヨンKPMG副会長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP